2017年03月23日

手本を描く

8475FFF2-F0CB-4F4E-ADA8-3AB0CCCEC846.jpg

カルチャー水彩教室で時々やることに、デモがある。生徒さんにぐるっと囲まれて描くお手本制作だ。
それとは別に、アトリエのマンツーマンレッスンで、「これを先生ならどう描かれますか?」と請われ、ざざっと手本を描くことがある。これは前者のデモとは全く異なる。

前者は技術を教えるため、頭の中で「ここではこの技法を伝えよう」と考えながら描いている。なので、ある意味システマティックだ。

後者の場合、だいたいレッスンが終わる間際にたのまれる。時間とすれば5分〜10分程度というところ。この場合、技術は教えない。
ほとんど勢い。そして、喋らない。だからだろうか、終わると気がカラッポになるのを実感する。

この絵は先日、アルティオでのマンツーマンレッスンのラスト数分で描いたもの。生徒さんが持って来た描きたいという風景写真がモチーフだった。

この場合、紙は水彩紙を使わない。使うのは格安定番「黄色と黒のスケッチブック」。当然透明水彩絵の具は、それ専用の水彩紙のようにはのってくれない。時間もない。そこが面白い。描き終わるころには快感すら覚える。本制作もこれくらい迷わず描ければいいのにな、とさえ思う。

短い時間と性能の限られた紙。それでもそれが自分にくれるものは、とても大きいと思うのです。













posted by タク at 23:58| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

JR東日本『駅長オススメの小さな旅』直近報告

今日、一緒に仕事をしているプランナーさんから、写メが送られてきました。
文面には、「先日の日曜日の仙台駅のアドラックです。残り一冊!」

表紙の水彩イラストを手がけた、JR東日本・旅行企画パンフ『駅長オススメの小さな旅』春号ですが、まだ設置になったばかりです。
描いたモチーフは、喜多方駅のしだれ桜。

「パンフがハケているよ」
表紙を担当したイラストレーターにとって、これほど嬉しい報告はありません。

うれしいサクラサク入電♩でした。

20170322駅長.jpg

201703JR東日本_小さな旅150.jpg

posted by タク at 23:31| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

【仙台リビングカルチャー】透明水彩ワークショップのお知らせ

【仙台リビングカルチャー】透明水彩ワークショップ 〜にじみで描く風景画〜のご案内です。

リビングカルチャー_水彩講座_古山.jpg

三ヶ月に一回の一日講座が3/31(金)13:30〜16:30に開催します。

お申し込みはリビングカルチャーホームページから。
私の制作過程を実際に見ていただけますので、ご参加をおまちしています。


以下、開講案内より転載します。

+  +  +

 イラストレーター・古山拓さんの水彩ワークショップ。今回のテーマは「桜」。教室では、背景を描くことにより、モチーフを効果的に浮き立たせる画法を、講師の制作ライブを見て学び、写真を元に描いていきます。自分が思い描く春の時期や空気の色を加え、ステキな1枚を仕上げて。

●日 時 3/31(金)13:30〜16:30。1日教室
●会 場 リビング仙台教室
●料 金 4560円(別途教材費300円前後を当日集金)
●持ち物 透明水彩絵の具12色以上、水彩スケッチブック4号、水彩筆(細・中・太)、鉛筆B、筆洗、A4クロッキーブック、雑巾、ティッシュ、ねり消しゴム、カッター、木製パネル(F4・水張用)、水張テープ、絵刷毛(幅2〜5センチ)または筆(10号程度) ※絵の具、絵筆の貸出有(絵刷毛は除く)
●講師 古山拓さん 絵画工房ランズエンド主宰

申し込みページ

https://les.living.jp/app/user/SPUSA010.php?com=005&med=oth&eid=EN00022914
※申し込み送信後、2〜3分以内に自動返信メールが届かない場合は下記までご連絡をお願いいたします。

仙台リビング新聞社 tel 022(265)4305

応募締切  2017年3月29日(水) 23:59

posted by タク at 11:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

幕末イラスト

日曜日ですね。

今回は、担当している時代劇のイラストレーションから発表済みの作品です。
毎日休みなしでの連載も230余回となりましたが、まだまだ続きます。
毎日描かなければならないので、飲みに出る回数も、自ずと減りました。
健康にもいい連載です。

日曜の午後、ゆっくりオフをとるため、午前中で連載の仕事を終わらせました。
振り返ってここひと月ぐらいの掲載からセレクトしてご紹介します。

使用画材は、マーメイド紙に鉛筆3B + PainterX
納品はデジタルデータで納めています。

岩手日報連載小説「柳は萌ゆる」(平谷美樹・作)挿絵から。

yanagi205_仙台城.jpg

yanagi185_鉄砲隊_イラスト.jpg

yanagi211_仙台城2.jpg

yanagi224_侍_samurai.jpg

yanagi218_岩手山_冬.jpg

yanagi232_江戸時代_暮らし_行灯.jpg

yanagi234_梅.jpg

yanagi226_samurai_侍_イラスト.jpg

posted by タク at 13:34| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

イラスト作品紹介・JR東日本「駅長オススメの小さな旅」春号

201703JR東日本_小さな旅150.jpg

表紙イラストを手がけたパンフが駅に並びはじめました。
JR東日本「駅長オススメの小さな旅」春号です。

昨年から担当させていただいている水彩イラストの仕事ですが、おかげさまで駅設置のラックからお持ちいただいているとの報告をいただきました。表紙作者としても大変嬉しく思います。

南東北エリアのJR各駅からのオススメ小さな旅コースを網羅している商品で、見ているだけでも旅心をくすぐられます。

明日の日曜日、山形方面にでも小さな旅に出かけてみようかな。

「駅長オススメの小さな旅」のJR東日本サイトはこちらです。
ご参考まで。

posted by タク at 10:23| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする