2013年08月16日

今日の営業日誌

紀伊国屋書店さんを、委託していた画集「七ヶ浜小さな旅」の清算で訪問。

カミサンがクルマを使っていたのと、雷雨の注意報があったので、クロスバイク営業はあきらめ、地下鉄利用。
北仙台=長町南間って、ほどよい読書タイムになるんだね〜。
ちなみに本は、太宰の「津軽」。来年の仕事の仕込み読書でもある。

おかげさまで紀伊国屋書店仙台店さんに委託分の10冊、完売でした。
買ってくれた人に、こころからありがとうです〜♩

イメージ.jpg
posted by タク at 16:01| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

夏休み前期おわり

今年の夏休みは、二回に分けて前期後期。
夏休み前期は、13日からカミさんの実家・山形へお墓参りして、飲んで食べて、蔵王へ二回日帰り湯浴みしに行って、一泊二日で終了です。
毎年帰省恒例・カミサンとの夏休み映画は「World War Z」
感想は、「おもしろかったね!ブラピかっこいいね〜〜、でも、こういう映画とは思わなかった〜〜。」

こういうって、どういう???(笑)
Zって、、、う〜ん。

ま、私は、どんな映画でも、『今の自分に「なにかしらメッセージ」がやって来るかどうか』で価値が決まると思っています。
この映画、途中しっか!とメッセージがやってきたので、「価値あり♩」でした。

夏休み後期は、9月中旬同じくツーデイズ♩
我がルーツ、岩手は盛岡&二戸に里帰り
&墓参りツアーです。

絵は、山形市内の七日町から、ちょこっと寺町へ入ったあたり。今年の山形は結構過ごしやすかったです。

20130815七日町素描.jpg
posted by タク at 21:20| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

藤崎個展、今年は…

秋口(9/26〜10/2)の仙台・藤崎デパート美術ギャラリーでの個展案内DM、たったいま印刷入稿完了です♩
明日からの夏休み前に告知できてよかった!

春には、仙台文学館で「子規の旅・宮城バージョン」を原画展示しましたが、今年の藤崎では、「子規の旅・東北バージョン」を展示します。
3年がかりでみちのく全ルートを取材踏破しました。
(よっぽどヒマだったんだな〜、、、。)
同時にヨーロッパの旅風景も、絵に辿っていただこうと思っています。ボリュームとしては子規と外国が半々というかんじです。
ともあれ、皆様、ぜひ、いらしてくださいませ!

++++++++++
古山拓水彩紀行 -Land's End#27-
〜子規のみちのく〜 旅を辿るということ
会期・9/26〜10/2
会場・藤崎本館6階美術ギャラリー
   〒980-8652 仙台市青葉区一番町3-2-17 電話022-261-5111

++++++++++

以下、DMに書いてある挨拶文でございます。(あらためてコピペすると、妙に照れます)

今からちょうど120年前の明治26年。正岡子規がみちのくを旅し、
新聞「日本」に、その紀行を「はて知らずの記」として連載したことは、
思いのほか知られていません。
福島、宮城、山形、秋田、岩手と、子規の旅を巡ってみました。
そこには、彼の俳句をたずさえ辿ることで見えてくる
新しい東北風景がありました。
ヨーロッパの旅風景を描いた新作も展示いたします。
ぜひこの機会にご高覧ください。

fujisaki_egaramen200.jpg

fujisaki_atena200.jpg
posted by タク at 22:52| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

幸せの教室

トムハンクス監督主演の「幸せの教室(原題・Larry Crowne)をDVDレンタルで観ました。
途中から、隣のソファでゲームいじってた娘も引っぱりこまれたようで、「これ、いい!」

失業した中年男が主人公で、再就職を計るために大学へ。そこで出会った教師が教師捨てたくなってるジュリアロバーツ扮する女性、と、ほんわかのロマンティックコメディ。

フリーランスって、いいかえればプチ失業状態のゆるやか〜〜な連続なわけで、仕事に就くために動き回るシチュエーションは、たとえば一ヶ月も電話が鳴らない時の焦りにも似て、深くうなずく点が多いわけ。冒頭からうんうん、わかるわかる、たいへんだよね〜〜と、妙に同情モード。

後半の盛り上がりもいやみなく、最後は、娘と「よかったね〜」と、拍手してました。

トムハンクス、初めて見た映画は何だったか記憶にないけど(スプラッシュ?マネキン?だったかな?)
一生懸命不器用に進む男を演じさせたら、一級品だとも思ったのでありました。

なんかいいことありそうだ!

↓音が出ますのでご注意を♩
http://disney-studio.jp/movies/shiawase/
posted by タク at 20:10| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

積み重ねる

津波被害からの復興を目指す、福島県新地町の復興への町民ワークショップへ仕事でいってきました。
わたしは土木コンサルタントから依頼されての諸々スケッチ役です。

ワールドカフェ方式(複数のテーマグループを決め、参加者は、時間で区切って移動、それぞれのテーマに全て参加するというもの)という、ワークショップスタイルで毎回進められています。昨日は三回目ですが、私は自由にそれぞれのグループを客観的に見て回っています。あらためて意見を交わす、積み重ねるという大切さを教えられました。

昨日は、オブザーバーとして参加している名古屋からいらした町づくりの先生を仙台までクルマに乗せましたが、「町づくりでは、声をあげることができない人もいる、ということを忘れてはならない」という先生の話が心にに残りました。

昨日は、5枚の絵はがきがお披露目されました。
コンサルタント会社からの「震災前の姿を絵にして町の人たちに配りたい」との話を受けて、5枚描き下ろしたものです。
昨日はワークショップ参加の皆さんに配られました。

仕事もプライベートも、積み重ねる事なくして前に進まないとはおもっていますが、ワークショップを見ているとあらためてそのことを痛感します。
また、一人の人間の頭の中なんて限界があります。様々な意見がだされ、小さな意見が大きく広がっていく、そんな刺激的な現場に立てているのが、ありがたいです。
20130809sinchi_ws_draft006.jpg

20130809IMG_3415.jpg

20130809shinchieki.jpg


posted by タク at 08:46| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

外国人に評判?の画集

画集「七ヶ浜小さな旅」を委託販売させてもらっている七ヶ浜町の呉服店さんから、追加納品といううれしいお電話をいただきました。
外国人のお客さんに評判がいい、との、意外な事実。
え?外国人??と思いましたが、なるほど、外国人にとって、呉服屋さんは日本の旅の記念となる品々がたくさんありますもんね。

おかげさまで、手元の残りは、委託先にあずけてある分を除くと、在庫40冊を切りました。

震災のあと、これは作らなきゃ後悔する、と、ゴリゴリ無理して作った甲斐がありました(涙)
明日は、七ヶ浜町にルート営業しつつ、夕方から福島の被災地へ仕事で出張です。
被災地をめぐる一日となりそうです。

20130807ページ1.jpg
posted by タク at 15:06| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

カレンダーをめくるということ

昨年、某クライアントさんから依頼され作った、カウンター設置用カレンダー、ようやく8月。

今日はアトリエ教室がありましたが、受講生の方々が、それぞれ「おっ!いいなあ!」と思える部分がどかどか現れてきていました。なかでも、風景の中に「流れ」「リズム」を見つけ始めているのが、なによりうれしい、そんな教室デーでした。

久しぶりに絵コンテの仕事が入りました。
CMコンテの絵は一時期ずいぶん描いていたけど、時代の移り変わりで手書きのコンテって少なくなってきていたので、ちと腕まくりです。

しかし、カレンダーをちゃんと毎月1日にめくるかどうか、って、丁寧に日々送ってるかどうかの尺度ですね。
ちなみに、私は多いに反省ばかり…。
めくったカレンダー、八月はポルトガルのアレンテージョの小村を描いた『夏時間』でした。

999564_497250630356188_1805246673_n.jpg
posted by タク at 16:41| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

秋田岩手取材から帰着

秋田象潟からはじまった、今回の二泊三日の秋田岩手取材。
最終日は湯田温泉から北上、水沢とめぐって、今回の子規取材はひとまず終わり、日曜に仙台にもどりました。

子規が上野に戻る夜行列車に乗ったのが、岩手の水沢駅です。が、駅前うろつきはじめた時に緊急地震警報が『ビャッビャッビャッ!』
いや、たまげました>_<
宮城県沖との情報に、取材を一気に終わらせて、東北自動車道へ。
高速道路は速度規制がかかっていましたが、渋滞なく流れていました。

仕事場も家も何も落ちる事なく、よかった!
今回の総走行距離は750キロほどですが、東北は広いです、やっぱり。

戻ると、仙台文学館さんから郵便物が届いていました。
あけると『文学館ニュース』が入っていました。
「私の一冊」というコーナーに、不肖ワタクシのてがけた挿絵が載っていたので、お知らせまで写真をアップします。
このニュースは文学館で入手できます。

もう一枚は、同じくニュースから、文学館のミュージアムグッズを、一部私が手がけることになっていることの紹介のくだりです。

ミュージアムグッズ、出来上がるのが、今から楽しみです。
20130805_1.jpg

20130805_2.jpg

posted by タク at 13:01| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

子規は冒険家だ。

なんとか、ほんっとなんとか岩手湯本温泉に辿り着きました。

朝イチ、秋田から八郎潟まで北上。ここで絶ピンモチーフにまた出会ってしまい、予定大幅オーバー。

秋田に戻って、子規の羽州街道ルートを六郷まで南下。
運悪く、否、運良く^_^;夏祭りにぶち当たり、交通規制でウロウロ。
はやめに六郷は切り上げ、今日のメインイベント、六郷から湯本へ、山越えルート走波。

この山越えが、悪路なんてもんじゃない。多分、いや、間違いなく道路管理関係者しか走っていない…。だって、ダートのわだち、キャタピラの跡だらけだったもの。
地図写真アップしますが、左上が六郷。右端が湯本温泉。両方を繋ぐピンクのラインでなぞった細道が、120年前に子規が、で、今日、ワタシが山越えしたルートです。

因みに、子規の文面からも不安感が覗きますが、クルマの私でさえ「この山道、マジ、やばいよ…」
と思いましたから、夕闇のなか九十九折の細道を歩いた(!)子規の心中はいかばかりか…。

ジャリ道といっても、登れば登るほど道が流水に流され、ほっくり返され、凸凹なんてもんじゃない。前輪駆動のプジョーちゃん、よくがんばったなあ…。
止まったらスタック必至という砂利の大きさプラス登板角度プラス対向車来たら、どっちかがバック、というすんごい道でしたが、その悪路13キロ、一台の対向車もこず、出会ったのは、キツネ一匹。ほんとです。

峠を二つほど越え、民家が見えた時は、思わずクルマを停め、ドアを開け、外に出て、クルマに、ようがんばったのう…と、話しかけていました。

というわけで、アクセルワークとハンドルさばくのでせいいっぱいで、悪路写真はありません。

運転してる時、考えていたのは、子規のこと。
はっきりいいます。彼は冒険家でもありますね。
明治24年、国土地理院がつくっていた地図を子規は持っていましたが、それでもこんなに辛い道だとは思わなかったと思うよ。

悪路に入る前、黒森峠から見下ろした景色は、絶景でした。
しかし、黒森って名前が不安感倍増でしたね。黒い森、ダークフォレスト…なんといいますか、なにか魑魅魍魎のたぐいがうごめいていそうじゃないですか(笑)

明日は水沢まで取材です。全行程、あたりまえだけど舗装路。楽チンだね♩


image-20130803182600.png
posted by タク at 18:26| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子規の風景-はて知らずの記をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

子規のみちのく旅をたどってます

今朝はやく、仙台をクルマでたち、正岡子規のみちのく旅『はて知らずの記』を秋田にたどってます。
日本海沿いに、象潟、金浦、本荘、道川と取材、思うところあって、入道崎まで足を伸ばしました。
本日の走行距離、450キロ。取材しながらのこの距離は、流石にきつかった。今回の取材は体力勝負です。

途中、絶品の漁村をみつけたり、子規が泊まったなんて、住んでる人絶対知らないだろうな、というくらい小さな集落に立ち寄ったりと、収穫大。

お昼ご飯は、子砂川というところで小さな食堂に入ったのですが、メニューはラーメン、味噌ラーメン、タンメン、チャーシューメン、ラーメン大盛の、5品のみ。迷わずラーメンにしましたが、いやはや、絶ピン♩でした。因みに、店名、なし(*_*)
領収書には、番地とオヤジさんの名前のみ!
久々にホームラン打った気分でした。

今宵は秋田市内のビジネスにチェックイン。大浴場付きで、なんとラッキーなことに、ワタシ一人で貸切!
運転の疲れがとれました。

明日は秋田から岩手の湯田に国道でも県道でもない山道を抜けます。正岡子規がそのルートをとったとあっては、辿るしかありません。
そして子規が泊まった湯田温泉に、明日は投宿予定です。
image-20130802232715.png
posted by タク at 23:27| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする