2013年11月21日

仙台リビング大町教室水彩講座のご案内

下記水彩講座の募集がございます。
(本日、明日11/21・22に仙台圏で配布される仙台リビングに案内が掲載されます)
参加希望の方は、仙台リビングカルチャー022-265-4305までお申し込みください。

【仙台】透明水彩ワークショップ〜写真をもとに描く風景画〜(1日教室)

今回は「晩秋の奥会津を描く」がテーマです。空や山、家並みを彩度を意識しながら描きます。和の風情たっぷりの1枚をあなたも。汚れてもいい服装で参加を。

●日 時 12/4(水)13:30〜17:15。1日教室
●会 場 仙台リビング新聞社
●参加費 4500円(別途材料費500円前後を当日集金)
●持ち物 透明水彩絵の具、パレット、水彩筆(細・中・太)、筆洗(水を入れる瓶)、雑巾、ティッシュ、鉛筆B、ねりゴム、A4クロッキーブックか落書き帖  ※透明水彩絵の具、絵筆の無料貸出有(要予約)
●講師 古山拓 

応募締切
2013年11月27日(水) 24:00

申し込み電話番号・仙台リビングカルチャー/022-265-4305まで


posted by タク at 11:31| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンルを越える手業

家具作家、桑ちゃんの作ってくれた額縁のマット加工と化粧箱を作るため、お世話になってる杜の額縁工房を訪れた。
今回持ち込んだ額は、オーダーメイドのくわちゃん作・一点もの。レアです。

工場長さん、桑ちゃんの額を手にして一言、
「こりゃすごい。丁寧につくっているなあ。家具職人の技だね。角の噛み合わせなんて、額屋の作り方じゃないよ。さすがだね」
と額を手にほれぼれ。

腕と手技で食ってる方々は、ジャンルは違えど、一発で見抜くものだね。

桑ちゃんとの二人展は、実質、額縁工房の工場長さんを巻き込んだ、三人展なのだな、きっと。

20131121kuwachangaku.jpg


♩♩♩正岡子規のみちのく紀行2014オリジナルカレンダー・通販のご案内♩♩♩

今年も来年のオリジナルカレンダー(卓上CDケースサイズ13枚+2015カレンダー1枚)を作りました。
2014年カレンダーは、はじめての日本の風景、『子規のみちのく』です。
正岡子規が120年前に旅した東北のルートを辿り描いた作品の中から、12枚をえらびました。

通信販売ご希望の方は、
件名に「2014カレンダー希望」とお書きのうえ、Eメールにてご注文ください。
本文には、1.おなまえ・2.ご住所・3.希望部数をお知らせください。

●価格は一部/¥1,050(税込)です。
●送料は当方で負担いたします。
●お支払い方法は、郵便振替か、銀行口座振り込みでお願いしています。
カレンダーに同封いたします郵便振り替え用紙か銀行口座番号あてに、後日お振り込みください。
ご注文を心からお待ちしております。
(メールアドレスは lands-f@fc4.so-net.ne.jp です)

20131107calendar.jpg
posted by タク at 09:17| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。