2014年08月29日

シビレた日々

8DC507AB-DB14-4DD9-81FD-61F0A6889514.jpg


個展初日の夜、縁あってジャズトリオのライブへ。そのトリオの大井さん(ビブラフォン)と助川さん(ベース)が個展会場へ来てくれました。

私が若き日にシビレまくった「ルパン三世」のビブラフォンバージョンは、なんと大井さんがプレイしていたことがわかりました。

そして娘がバリサクで在籍している大学のビッグバンドの顧問が、これまたなんとベーシストの助川さんだとわかり、(O_O)。思わず作家でなく父になってた。


ほんと人生は、縁が織りなす楽譜のようなものだなあ。


絵は、大井さんが来場してスグに「これ、イイねー!」と言ってくれた、「リスボンの夜」です。

2E46854F-0F36-4705-9C4F-F1202AD86060.jpg


posted by タク at 23:50| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

山形大沼個展のご案内

明日27日から山形で水彩画による個展をひらきます。
冷やかしウェルカムでございます。絵が好きな方も、そうでない方も、お近くの皆様、ぜひぜひお立ち寄りください。

古山拓水彩画展「まちかどの記憶」
■会期:平成26年8月27日(水)〜9月2日(火)
 (百貨店のオープン時間10:00〜18:30 最終日は午後4時閉場)
■会場:大沼山形本店 7階ギャラリー
 山形市七日町1丁目2-30 電話023-622-7111(大沼・代表)

2014oonumakotenDM_egaramen200.jpg
タグ:個展 水彩画
posted by タク at 09:16| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

枕草子イラストレーション

先日、埼玉川口・燦ギャラリーで開催された「こども枕草子」イベント。
今回はその「こども枕草子かるた」のためのイラストレーション作品の紹介です。
川口のこども達が描いたかるた作品とのコラボレーションでした。

20140821makuranososi_u001.jpg

20140821makuranososi_i_001.jpg

20140821makuranososi_ta_001.jpg

20140821makuranososi_fu_fin.jpg

20140821makuranososi_te_001.jpg

私が以前川口栄町商店街さんからの依頼で震災復興支援個展を開催したのが縁で、そのとき知り合ったSさんからの参加依頼でした。
「枕草子の内容を今表現するとどうなるか?平安絵巻ではなく、現代絵巻として枕草子をとらえてほしい」という、楽しくも頭のひねり甲斐のある企画でした。

しかし、枕草子をはじめて本格的に読んだわけですが、おもしろいですよ、枕草子!
今も昔も変わらんなあ、、、というのが、正直な感想。今に通づるところがばりばりございました。

9/4.5には川口市立アートギャラリー・アトリアで本展が展示されます。
お近くの方、ぜひ覗いてみてください。

posted by タク at 22:20| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

過去のジブンとご対面

BvO11g6CMAE-N9i.jpg

制作のラッシュが続いてるけど、仕事場のカオスに堪え兼ねて、本日仕事場の片付け断捨離。(まあ、若干ですが)
隅っこから最古(笑)のクロッキーブックが出現。
その中にこっそり挟まるように、アニメーター原画マン時代の原画習作が出てきた。
今から25年以上前の作。たぶん、24.5歳のころのもの。
当時は月月火水木金金で、泊まり込みも多々という労働環境にあってか、仕事の残滓をアーカイブしておくなんて気持ちはさらっさらなかった。なので、手がけた原画は、書き損じの1枚たりとも手元に残っていないと思っていた。

しっかし、あらためて四半世紀を経て対面したこの絵には、まったく立体感ってものがないよ(泣)

でも、スクラップしてあったということは、当時の自分の自信のアラワレなのだろう。
「若い」ということは「怖いもの知らず、自分がイチバン!」ということだね。

それでもだ、魑魅魍魎うずまく絵の世界において、怖いもの知らずだったから、なんとかやって来れたのか、とも思う。
その時からまた四半世紀。重ねるものを重ねてしまった今だからこそ、当時の「怖いもの知らず」が大切だな、とあらためて思った。

この1枚には、しみじみといろんなことを考えさせられました。
ありがとう、「原画習作」。そして過去のジブン(笑)
posted by タク at 19:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

作並温泉「恋の湯めぐり」

表紙と中面のイラストを手がけた作並温泉の新しいリーフが出来上がってきました。
子規が泊まった作並温泉さんと、私が子規を追いかけてるご縁が巡り巡ってのご発注。有り難いです。

題して「恋の湯めぐり」

娘に見せたら、「かわいい〜!これ頂戴!免許とったら行きたいなあ、作並温泉」と写メパチパチ。

手にした若い女性が喜んでくれるか、ポイするか。

今回、まずはほっと一安心♩でした。

1919664_678633312217918_3127929113074707901_n.jpg

posted by タク at 09:57| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

ナタを振る

突然、きっかけとなるできごとが起こる。

きっかけの大きさにおののいて、目をつぶり今までの道をそのままたどるか、新しい道にナタをふるって踏み入るかを決めるのは、誰でもない、自分だ。

そう痛感させられることが、最近とみに頻繁だ。

目をつぶることは、ラクなんだよね。
「自分は今までこうやってきたからノープロブレムさ」
みたいなね。

でもだ、こうも感じるわけです。
それって一見偶然に見えるけど、そこには目に見えないたっくさんの人たちの無意識の助けが絡んでいるよなあ。

そんなわけで、そろそろ思い切りナタをふるいます。

チャップリンが言ったよく知られている名言、「人生に必要なのは、勇気と希望とサムマネーだ」
うんうん、そのとおりだ!

で、うなずく自分の背中を押してくれるのは、バンプオブチキンの名曲「リトルブレイバー」だ。
ナタふりはじめたのはいいけど、あっというまに筋肉痛のヤワな絵描きは、ポケットの隅を一生懸命引っ掻き回しているのである。

よくわからない日記ですね、すみません。
今までやってきたことをベースに、縁ある人たち、こんな私の絵でも、それを好きだと言ってくれる人たちと、そのことを分け合える場をつくりたい。
そう思っていたところへ、旧〜〜い友達がさらりと言いました。「やってみなよ」

ナタ、ふってすすもう。

posted by タク at 16:04| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

子規と奈良

先日の京都個展の折、ある縁をもらいました。
奈良の「正岡子規研究所」さんとの繋がりです。
拙著「子規と歩いた宮城」が人づてに、研究所主宰の正岡さんに渡ったのがきっかけ。

正岡さんにつなげてくれたのは、本を読んでくれた東京の画商Oさん、そして大阪の画商Jさんのお二方。
大阪でお会いしたJさんが「今、電話しましょう!」と、正岡さんをご紹介くださりました。
お二人の画商さんに感謝感涙〜m(_ _)m

そうだ、奈良、行かなきゃ♩
その日目指してがんばろう!

14913_677209152360334_3188184043022739802_n.jpg

10527380_677209175693665_8083482404149143510_n.jpg


posted by タク at 11:09| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

Facebookページ作りました

facebookpage.jpg

フェイスブックで個人ページを持っていましたが、作家としてのページを作りました。

水彩画作品と、イベント情報を中心にアップしていきます。
ブログとあわせて、どうぞ、ぜひご覧ください。



posted by タク at 11:11| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

京都大阪奈良神戸滋賀

京都「みちのくだより」展の一回目が、無事終わりました。
ご来場くださったお客様、嫁ぎ先のお客様、そして告知にお力添えくださった皆様のおかげです。
心から御礼申し上げます。

金子美也さんプロデュースによる「みちのくだより」展は、今回は水彩画でしたが、今後、陶芸やうつわなど、東北でがんばっている作家さんの作品と食を、京都と結びつけるべく、継続していく予定です。
今回はほんの足がかり。本番はこれからですので、どうぞよろしくお願いします♩

いままでめちゃくちゃ遠い、と感じていた西日本が、いらしてくださった京都、奈良、神戸、大阪、滋賀の皆さんのおかげで、ほとんど隣県になりました。
ほんと、皆ごっつええひとばかりや!(笑)

このことが一番の収穫だったなあ。
「おおきに!!」
posted by タク at 12:13| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

京都報告

kyoto0.jpg

京都で開催中の水彩画展、町屋の二階を使った展示ですが、おかげさまでいいかんじでスタート。今日後半戦が始まりました。
納期の都合で、私は途中離脱、京都から帰仙。
初場所で最終日まで居れないのが残念でならないです。
あとは企画の金子美也(岳田)さんがお客様をお迎えします。
彼女とは長〜いお付き合いなので、なんなりとお聞きください。

ちなみに今回の京都への旅巡業で縁結びができた場所は、京都もちろん、神戸、大阪、そして奈良。

正岡子規がらみの人脈や、広告関係の繋がり、そして絵の嫁ぎ先でご縁ができ、西日本がますます近くなりました。…なんというか、「距離」ってじっぱひとからげに言うけれど、往々にして精神的な距離が作り出すものでもあるんだね。
遠く感じていた西日本、今はもうお隣さんだ(笑)

仙台降り立ったら、迎えてくれたのは仙台七夕ふきながし。
みちのくは祭りの季節でした。

kyoto1.jpg

kyoto2.jpg

kyoto3.jpg

kyoto5.jpg

kyoto4.jpg

posted by タク at 14:53| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする