2014年10月02日

ヨークシャーがくれたもの

20141002家々のささやき.jpg

今日が、仙台藤崎百貨店での個展初日です。
イギリスヨークシャーを描いた水彩紀行展です。

ヨークシャーにハワースという町があります。女流作家エミリーブロンテがかつて暮らし、「嵐が丘」を書いた小さな町です。
私が旅した時も驟雨がまとわりつく、そんな小説の中に書かれた自然の厳しさがありましたが、それゆえ得ることができた「感覚」がありました。
厳しさの間にももちろん晴れの日はあります。日差しがのぞいた時のこころの高揚感は忘れられません。
そんな体験を、絵に描いてみました。

絵に取り上げた場所は、ヨークシャーの四つのエリア。ハワース近郊、ヨーク、そして北海に面したロビンフッズベイ、ウィットビーです。
英国には大陸ヨーロッパの魅力とはまた違った魅力があります。
その空気を少しでも伝えることができたらうれしいです。(なんだか、英国観光庁のコピーみたいですが、、、笑)
トップの絵は、ウイットビーという町を描いた1枚です。
全日、会場でお待ちしていますので、ご来場を心からお待ちしています。

++++
fujisaki_2014_dm1.jpg

■会期:平成26年10月2日(木)〜10月8日(水)
 (最終日は午後4時半閉場)
■会場:藤崎本館 6階美術ギャラリー
 仙台市一番町三丁目2-17 電話022-264-5111(藤崎・代表)



posted by タク at 07:34| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。