2014年11月12日

15889

20141112マイティボーイ.jpg

震災の月命日が、昨日だった。
節目として、この日が来るといまもなお、いろいろ考えます。

15889 2597

これは、警察発表の震災による死者、行方不明者の数です。(2014年11月10日現在・警察庁緊急災害警備本部発表)

15889人の生が2011年3月11日に途絶え、2597人の生もまた、霧のむこうだ。

この15889の生がもし続いていたとしたら、今の自分はありうるのか?
答えはたぶん、Noだろう。
今こうしている行動は、すべからく無数の人の繋がり=連鎖の「果て」だから。

あの日、突然抜け落ちた15889と行方がわからない2597の連鎖。
それが自分にとって何を意味しているのか?

物事は、受け手にとっては、たぶん必然だ。
ここ最近、必然的に目の前につぎつぎ現れる事柄がある。それは、消えた15889の命と、2597の遠い関わりが、その存在を賭して「作り出してくれている事柄」のような気がしてならない。

ぼくが生きているこの「場」は、まさに世間の場末、果てだ。
だけど、どんな「果て」に居ようと、そんな命を賭して紡いでくれた連鎖を断ち切ることはしたくない。

震災以降、僕が生きている業界の地図は、下手なスケッチに消しゴムかけたみたいに一変した。
これからもたぶん描いては消され続けるんだろう。
今更そんなあやふやな地図をたよりに、歩いて行こうなんて、ことさら思わない。
周囲で声を上げてるもっともらしい肩書きの人だって、たぶん地図なんか見えてやしない。

だから、自分は15889の命と2597の遠い関わりを胸に、勘が「やれよ」ってささやいたことを、やり続けようと思う。

絵は2011年、震災前に描いた仙台新港のタグボート。
震災直後予定されていた個展の案内DMに使われたものです。
タグボートのような存在、やっぱり好きだな。


posted by タク at 22:21| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。