2014年12月31日

ここでしか食べられない

20代のころ、バイキングに興味があり、北欧の料理が食べてみたくなりました。北欧=バイキングという短絡思考でバイキング料理を食べられる店をさがしたことがあります。
もちろん、みつからなかった。
みつからなかった、というより、いわゆるジャパニーズバイキング形式の店しかみつけられなかった、というのが正しい。
その後、数十年経ち、北欧に旅しました。そのときはじめて「スモーガスボード」というスタイルがいわゆる北欧バイキングということを知りました。

今日、アトリエで使うものを仕入れにIK◯Aに家族で行きました。
ランチは当然北欧料理となったわけですが、旅の味を思い出す味でした。家族も美味しいと満足スマイル。

しかし、出費の三分の一が食費だったという事を考えると、IK◯A戦略、さすがだと思わざるを得ません。家具の手頃感は当然ながら、「ここでしか食べられない北欧料理をカフェテリア形式で提供する」ことで、異国訪問的満足度を高める。
『色んな意味で「ここでしか…」が大事なんだなあ、きっと。』買い込んだ棚をクローズしたアトリエアルティオ店内で組み立てながら、そんなことを考えていました。

さて、2014も残すところ一日です。皆様には今年もとてもお世話になりました。
ありがとうございました。わたしもいい新年を迎えるカウントダウンの一日にします。
皆さんもよい年越し、そしてすばらしい2015年をお迎え下さい。




posted by タク at 00:06| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

2014年をふりかえって

あっというまに2014年もあと数日。
今年の大きな出来事をいくつか挙げろ、と言われたら、、、と、考えてみた。

一つは、震災以降行けていなかった、海外取材(自力単独行)にいけたこと。
震災から三年ごしで旅費をためて飛んだ5月のイギリスヨークシャー地方だったけど、今までの旅の中で、もっとも気持ちよく取材ができた旅でした。

二つ目、新聞連載小説の挿し絵をなんとかこぼさず続けたこと。
これはまだ終わっていませんが、新聞休刊日以外毎日連載というスケジュールをこなせたことは、大きな力をもらえました。表現自体も自分なりに楽しみながら続けていることは大きいな。

三つ目、高野山金剛峰寺から褒賞状を授与されたこと。
まったく異なる世界から、思ってもいなかった表彰。内容も芸術活動への評価をいただいたことは、とてもうれしかったな。(古山家の菩提寺は曹洞宗にも関わらず、です)

四つ目、いままでやってきたスタンスの意味を考えるさまざまな出来事がおこったこと。
出来事って、ほんとに不思議だ。予定調和じゃないけれど、、、。

五つ目、アトリエ アルティオをマチナカに開いたこと。
ひょんな縁でのスタートだったけど、妻と二人で一つの新しいチャレンジを踏み出せた事自体に感謝だ。

まだ今年は終わっていないけど、今日がなんとなく節目のような気がしたので、ちょっとまとめ。

年末まであと何ができるだろうか?
いい年末にしよう。

あ、最後に24日のイブに見た「クリスマスキャロル」でドキッとしたセリフ。
「あなたは前は希望でいっぱいだった。でも今は欲でいっぱいよ」
たしか、そんなかんじ。

希望と欲って紙一重だよな。うむむ、、、
心に刻んだセリフでした。




posted by タク at 02:36| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

気がついたらサンタ既に出発

店を仮オープンしてそろそろと滑り出していますが、しなきゃならないことが多すぎます。
小さいながらも空間の半分はショップとなると、準備する目線が今までの事務所準備とは根本的にちがいます。
こんな私でも、ついお客さんの立場になって考えてしまいます。まあ私が考えることですからたかが知れていますが。。。そんな意味では、ここ数週間、否、数ヶ月、貴重な経験をさせてもらってます。

クレジット決済の契約や、店構えの化粧、什器のセレクト、手配。あれこれ次々降り掛かってきますね、、、。これからの課題は効率的暖房、、、。限られた予算でどこまでできるか、何を優先させるかと、悩ましき日々でが、
年明け1月9日大安には正式なオープンにこぎ着けたいと思っています。

で、そんなばたばたで気がつくと、明日がクリスマスイブではないか!!!

すっかりすっ飛んでました、クリスマスの準備…。
こりゃ明日は大忙しです。

なので、せめて素晴らしき歌声を。
なにかに追われていても、これを見たら幸せなクリスマスです。
すばらしき哉、オックスフォードの秀才達の歌声。
しかし、エリートの卵達は、勉強しながらここまでやっちゃうんだね、、、。




posted by タク at 22:39| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

トゥールーズから嬉しいカード

10689441_741281475953101_7440621999116202495_n.jpg

仮オープンしたアトリエ兼ショップ『アルティオ』はじめての週末です。
何もかもがはじめてづくしですが、そんなとこにフランスのトゥールーズに住む友人からクリスマスカードが届きました。
メッチャかっこえぇ!
ということで、アトリエ内にかけておくことにしました。
スペインの印刷工房のカードということですが、たかがモチーフ一個、文字列2つ。それをこんな風にクールに仕上げるとは、さすがはアルファベットの国だなあ。

トゥールーズの友人から、「2015年、トゥールーズに遊びにきてね」との締めくくりがうれしかった。
その日を目指してがんばろうと誓いました。

明日、日曜は店舗はおやすみですが、ランズエンドでの岩手日報新聞連載挿し絵仕事は、容赦なく続くのであります(汗)
posted by タク at 23:36| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

マチナカアトリエも雪掻きだ

1653462_740444902703425_233327238725618489_n.jpg

アトリエ アルティオ仮オープンから5日が過ぎました。あいかわらず、あれが足りない、それが必要と、右往左往。仮でのオープンにしていてよかった(笑)
そして、路面に基地を構えるって、冬の雪掻きも一手間増えるということでした(汗)
家の雪掻き+アトリエアルティオの雪掻きと相成るわけです。

今日はショップで販売中のクリスマスカードのご紹介です。
『サンタ一家の日常』を描いたものです。
絵の中の暦を見ると、日付は出発直前の12月23日なんですね。
昨年酷使したソリの椅子をグランパサンタが新品と取り替えています。
カード裏面には、実は椅子はセールで買っていたというオチ付きです。
パパサンタは、お勤めから帰ってきたばかりで、着替え中でここには登場していません。

ま、こんなストーリーを考えながら描いているのが楽しいワタシなのでした(^-^)平和だな。

ちなみに手前のシロクマサンタは、先日神戸でゲットしたものです。

本拠地絵画工房ランズエンドでの制作と、マチナカ基地アトリエ アルティオ。
店はカミサンにおんぶ。
明日はアトリエ アルティオで水彩のマンツーマンレッスンが一本。がんばろう。
posted by タク at 21:29| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

アトリエ「アルティオ」仮オープン

ここ一ヶ月、仙台の町なかにアトリエ兼ショップを開くためにはしりまわっていました。ブログが滞り、申し訳ありませんでした。
まったく準備が整わないけど、新基地の工房兼ショップ『アトリエ アルティオ』を仮オープンすることにしました。
アルティオとは、古ケルト語で「熊の女神」。
熊のようだと言われ続けて、開き直っての命名。
看板もできていませんし、いろいろ足りないことありすぎるけど、まずは、助走です。正式オープンはもうちょい先です。
告知はほとんどしていないので、お客様もぽつぽつ。ですが、
ボチボチ、マチナカアトリエがはじまりましたー。
お近くをお通りの際はぜひお立ち寄りください。
住所は、仙台市青葉区立町19−20 1階
電話 022-797-8389

この一ヶ月、高野山から芸術活動を通しての褒賞状をいただいたり、神戸でのミクロネシアジープ等へ行ったアーティストの展示に参加したりしていましたが、アトリエショップ出展準備がこんなに大変だとはおもわなんだ。
新しい世界へ一歩踏み込んだ一ヶ月でした。
アルティオ.jpg
posted by タク at 00:37| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする