2015年02月22日

ロビンフッズベイ

11001904_777556678992247_6057464960537809104_n.jpg

軽い旅ばなしをひとつ。

私の「旅アンテナ最多引っかかり国」がイギリスです。
イギリスは日本と同じ島国です。
島国根性なんてマイナスな言い方もありますが、イギリスも日本もそれゆえ独自の気質を保っているように思えます。もちろんいい意味です。アイリッシュ海、大西洋、北海に囲まれて、狭いドーバー海峡をはさんだ向かいのフランスは気質がまた異なります。

北海に面したヨークシャー地方のRobinhoods Bayという小さな小さな海辺の町があります。その小ささから「村」と行った方がいいかもしれません。訪れたのは2014年の春。何かのコラムで村の存在を知ったのはかなり前ですが、こころにひっかかっててどうしても訪れてみたいと向かった村です。
大地が北海になだれ落ちる斜面に、はりついたように、その村はありました。

基点はヨーク。ヨークからスカーバラまで鉄路で向かい、スカーバラ駅前のバス停からウイットビー行きの路線バス。トータル半日かからずに到達できます。
イギリスは魅力的な村がたくさんありますが、海辺の村もまた素敵です。

Robinhoods Bay、B&Bもそれなりの数がありネットでも予約ができますので、小さな村好きの方にお勧めです。
絵は、Robinhoods Bayの中心付近。
20150222Purple shadow001.jpg

こんな路地が村中に巡らされています。
トップ絵は北海の浜辺で遊ぶ馬上の貴婦人。

こんな暮らしをいつか…(笑)、と、心に誓った滞在でございました。

20150222IMG_6923.jpg



posted by タク at 08:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。