2015年07月21日

仙台リビングカルチャー大町教室・水彩ワークショップのご案内

06海鳴り72.jpg

私が講師を務めます、仙台リビングカルチャー大町教室・水彩ワークショップのご案内です。

透明水彩ワークショップ・ 通算第23回【写真をもとに描く風景画】 
講師制作デモンストレーション+「マルタ島の断崖」を描く
ある程度しっかり鉛筆デッサンした上に、水彩着彩で空気感を出す描き方をマスターします。(トップ画像を描いてみます)

日時7月30金曜 午後13:30〜17:15(1時間半+15分休憩+2時間)

●参加費¥4500
※お手持ちの透明水彩絵の具。
※別途、配布専用水彩紙代・プリントアウト代等実費(数百円)がかかります。教室開催時に徴収いたします
■定員18名 

下記画材をお持ちの方は各自持参ください。モチーフ写真、水彩紙は講師が準備いたします。
★透明水彩絵の具(固形携帯用でもチューブタイプでも可=不透明水彩は不可)
★筆 水彩筆 細(2号前後)、中(6号前後)、太(8号前後))
★鉛筆B
★筆洗
★A4クロッキーブックか落書き帖
★雑巾
★ティッシュ
★ねりゴム
★カッターナイフ

お申し込みはこちらから。

ふるってのご参加をお待ちしています。


posted by タク at 13:07| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森でリカバリー

「森に行きたい」
わけもなくそんな思いが離れなかった先週でした。なのでおもいたって海の日、海ではなく森にいってきた。
場所は仙台から一時間ほどの蔵王の麓。

見たかったけど行けてなかった島川美術館でのんびり絵を見て、その後、木立の中へとふらふら。
何をするでもなく、ただぼーっとしていた。

帰り際、森の中を走る道筋で、ふとハンドルを切ったら、そこは別荘地。
別荘かあ、こんなところに週末これたら幸せだな、、、。
ぜひ目指したいものだ、森にいける暮らし。なんなら別荘の管理人でもいいか(笑)

リカバリーにいいコースを見つけた、そんな海の日でした。

20150721simakawa001.jpg
美術館では田中一村と佐伯祐三の絵はがきを購入。
一番気に入ったのは香月泰男の絵だったけど、絵はがきはありませんでした。残念。
悔しいので調べたら山口に美術館があるんだね。
行かねばならぬの場所が一つ増えました。
http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/~kazukiyasuo/index.html
posted by タク at 11:20| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。