2015年09月23日

秋空随想

20150923blue tree cottage001.jpg

大学生活も残り少なになってきた娘が、この連休、友だち達と日帰り路線バス旅にいってきたようだ。
かえってきて、「来年はさよならなんだよね〜」としんみり。
部活に、バイトに、卒論にとめいっぱい大学生活を送ったが故の、秋の空だったに違いない。
みなそれぞれの道を新たに歩み始める前の秋の空気は、美しくもあり切なくもあったのだろう。

自分の学生時代、そんな秋を送ったのだろうか?
当時はバブルのころ、なんとも無意味に鷹揚な時代だったと思う。
それゆえだからか?そんな想いを味わうこともなく学生時代は終わってしまったように思う。

今の学生は大変だと聞くし、経済が停滞した中で育った彼らは、私のこととは違うこともわかる。
けれど彼らは彼らなりに私たちが持ち得なかった、目に見えない財産を手に入れているんだ。きっと。

今朝、庭先で蝶々が私のまわりを羽ばたいて、肩に止まった。ふと視線を地面にやると、コンクリートの上にバッタが。そっとつまみあげて花壇に放つと、奇麗な姿の小鳥が三羽、庭先の木にやってきてさえずっていた。
なんと豊かな流れだろう…と思った朝が、夕方の娘との会話に、秋の空気として繋がっていた、そんな気がする。

絵はヨークシャーの風景です。
丘が広がるだけの、小鳥のさえずるだけが聞こえる、ただそれだけの風景でした。




posted by タク at 21:37| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。