2016年03月05日

盛岡へ

20160212furuyama2016DM_egara_.jpg

世界のおじさん2人展をしつつも、準備が進んでいたのが、故郷盛岡での個展用作品制作です。ネクストステージは川徳デパート。
いままであちこちの会場で水彩作品を見ていただいていますが、やはり故郷での展覧会はちょっと意味合い違います。本能に訴える何かがありますね。鮭の遡上とおなじかも。

今回、会期中に高校時代の友人と飲むことになりました。「違い」が飲むことか!と怒られそうですが(笑)実は高校時代の同級生のなかで、私が絵を描くことで生計を立てていることを知っているのはごくわずかでした。別に隠していたわけではなく、仕事を転々、住まいも転々しているうちに、いわゆる行方不明者=M.I.A=になっていたわけです。

商業高校でしたので、表現の道にすすんだのはごく一握りでしょう。表現の道にありがちないわゆる「駆け出しの若い頃は食えない」時代が同級生達の活躍の時代とかぶるわけで、「食えない」から「汽車賃もない」。盛岡にもそうそう「帰れない」。気がついたら東京に勤める一人のマブダチしか連絡を取る相手がいなくなっていたわけです。

ふとしたことで発見されたのが昨年末。
ようやく同級生から35年ぶりに「絵で食ってるヤツ」として再認識されたのでした。

そして今回の盛岡個展です。同級生たちの口の悪さは昔から天下一品(笑)「個展に行くからな」と言ってくれているけど、はたしてどうなることやら。間違いなく高校時代のノリで来るに違いない。というか、そうあってほしい、と思うのでした。

盛岡個展は3月31日から4月6日まで。
そんな気持ちで目下制作中の絵、はたしてどんな絵を並べることができるのか。気合いテンション、ともにアップしてます。やはり盛岡商業高校のオーラ、捨て置けません。

+++++
古山拓水彩画展「大地の色と空の色」
会場/川徳 ギャラリーカワトク
会期/3/31木曜〜4/6水曜

会期中は全日程会場入りします。
+++++




posted by タク at 00:33| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。