2016年05月18日

「殿、利息でござる!」と福島美術館

20160518kisekinoipponmatsu.jpg
今日のイラストはがらっと水彩とは変えて、ガッシュによる「奇跡の一本松」です。
東北イラストレーターズクラブ展のために描き下ろした作品ですが、数日展示しただけでしたので、ここでアップします。

近況です。

昨日打合せがあり、仙台・土樋にある福島美術館に行ってきました。
内容は9月からの秋季展「旅する絵画」へのコラボです。
会期中、絵を数点展示するとともに、画業と旅業のスライドトークイベントをします。10月15日開催決定しました。
今から詳細は詰めていきますが、楽しい会にしたいと思っています。

打ち合わせの前に学芸員さんと話におよんだのが、今、ちまたで評判の映画、「殿、利息でござる!」
「殿、利息でござる」で羽生結弦君扮する「伊達重村」の書、描かせた鷹の軸が、実はこの美術館で展示されています。

+ + +
以下、福島美術館で現在開催中の春季展情報です。
『仙台宝庫』
会期◼︎4/13〜5/29
開館◼︎9:00〜16:30(毎週月曜休館)
入館料◼︎一般400円学生300円
映画「殿、利息でござる」の半券提示の方には入館料の割引有りです。

5/21土曜日は、13:00から臨床美術士・さとう芳子氏によるオイルパステルワークショップも開催されます。参加費500円・要申込。
電話022-266-1535まで。
所在地◼︎仙台市若林区土樋288-2

tonorisokudegozaru_fukubi.jpg




posted by タク at 17:44| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。