2016年06月22日

トラブルは、まさかのときにやってくる

スクリーンショット 2016-06-22 19.07.55.jpg

朝イチ、仕事用マシンのiMacが突然だだをこね、ついには、音が大きくなり、わけのわからない画面パッシングをしはじめた。おいおい、今日明日の納期が、、、(がくぜん)
ここ数日、あわただしくてタイムマシンでバックアップをしていなかったこともあって、ことばにならぬほど真っ青。

キーもスタートスイッチも効かず、シャットダウンさえ出来ない。今日はアルティオで教室がある日だったので、時間が無い。復旧できないままにコンセントをひっこぬいて強引にシャットダウン。仕事場を後にした。

教室後、戻って復旧作業。スマホ片手にトラブル対処法を探し出し、PRAMクリアしつつなんとか立ち上げた。最初にやったのは、ここ数日の仕事のバックアップ。
フリーズするならバックアップ完了後にたのむよ、、、と、めちゃくちゃゆっくり進む処理バーを時限爆弾のように見続けることしばし。無事バックアップ完了。

と、ここからが本番だ。とにかく動きが怖いくらい遅いので、フリーウェアのメンテナンスアプリ、Onyxをダウンロードしメンテ。
取っ組み合うこと延べ5時間、、、なんとか使えるようになりました。

何度も言われますが、ハードディスクのバックアップは命ですね。
機械は必ず壊れる日が来るのだ。
ウチのiMac、そろそろ5年。イザってときにmacbookで急場をしのげるようにしました。
今朝の地面が抜け落ちたような感覚は二度とごめんだな〜。



posted by タク at 22:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業曲線は放物線

だいたい日々のスケジューリングは予定通りに進んだことがない。
発想が必要な表現を仕事にしていると、いたしかたないことかもしれない。

今日は五つの仕事が動いていた。
イラストのラフ画がふたつ。
同じくフィニッシュがふたつ。
フィニッシュ修正作業がひとつ。

あ、ちなみにいつもこんなに仕事が動いているわけではない。これほど立て込んだのは珍しい。久しぶりのこと。だからこうして書いているわけ(笑)

三つまでは、予定通り進んで行ったのだけど、夕方近くの後半は、作業スピードが放物線のごとく降下していくのがわかる。
というか、仕事一区切りごとの休憩時間が長くなっていく。脳が、切り替えを欲している感じ。
だから、発想が必要なイラストラフは、早めにやってしまうに限る。

夕ご飯食べてリセット、あらためて取り掛かるとまたダッシュがきいた。無事本日の仕事、全てクリア♩
ガソリン補給とは言ったもんです。







posted by タク at 00:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。