2009年06月19日

画集編纂

といっても、私の画集じゃありません(笑)。
今年亡くなられた、故杉浦朝雄画伯の遺作画集です。

師の娘さんの手元に残された油絵数十点とクロッキーをもとに、画集編纂が進行中なのです。私もその編集のお手伝いをしています。

昨日、私の古巣の印刷会社で二回目の編集打ち合わせがあり、その作品群に圧倒されてました。
師はいかなる団体にも属さずのスタイルを貫いた方でしたが、画風は柔らか、静か。
風景、静物と具象。ほとんどがサムホールから3号、4号の小品ですが、静かな絵の中にサムライを見るがごとく、です。

絵を次々見て、あらためて素晴らしい師にデッサン、油絵を習ったんだな、と、感じ入りました。
私も数点、先生の作品を持っていますが、編纂のため何十点もの作品を一挙に見る。これは贅沢、です。

で、昨日の打ち合わせで、娘さんが作品を絞り込めない。画集のページは決まっていますので、ふるいをかけなければならないわけです。娘さんの気持ち、痛いほどよくわかります。
皆「う〜ん」と腕組みしてると、「古山さんが選ぶっていうのはどうだろう?」という一声が。
結局、作品の絞り込みを私がすることになってしまいました。
そのまたさらに巻頭言まで私が書くことに。
先生の作品を前に語る何ぞ、恐れ多いことですが、結局お引き受けしました。

師の娘さんの自費出版ゆえ、一般には出回りません。
ですが、間違いなく貴重な一冊になる、と、確信しています。

回顧展開催も連動でじわじわと動いています。こちらも裏方でお手伝いすることになりそうな気配。
私も是非みたい回顧展です。

もしよかったら、ランキングクリックをどうぞ。

posted by タク at 08:43| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 美術全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拓さん こんにちは。

この前は来店ありがとうございました。
盛岡での個展では、岩手県内の風景を描かれたのも沢山あり、とても楽しく鑑賞させていただきました。

ようやく、HPがリニューアルされてきましたので
宜しくお願い致します。拓さんのところもリンクさせてもらいましたよ。
http://www.morioka-toichi.com

今後の益々の活躍を願っております。
Posted by と一 at 2009年06月20日 12:44
と一さん、盛岡個展の折りにはお世話になりました。美味しい料理とお酒をありがとうございました。
さっそく、ブログのリンクに貼らせていただきますね。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by タク at 2009年06月20日 20:45
あれ?書いたと思ったコメントがない!
Posted by ゆみ at 2009年06月21日 14:39
ゆみさん、確認したけど、書き込まれていなかったみたい。
何を書いたんだろう?気になるな〜。
気が向いたらまた書き込んでくださいね〜。
Posted by タク at 2009年06月21日 15:04
師の画集に携われるなんてラッキーですね。
それも作品の絞込みができるなんて。

師匠さんもタクさんに選んでもらってきっと本望だと思います。
出来上がった画集は、師の作品を見るタクさんの視線だね。
Posted by ゆみ at 2009年06月24日 08:49
ゆみさん、最高にラッキーだと思っています。
絞り込みもそう。こんなこと、ありえないですよ。

視線…。そう、いい意味で、娘さんとは違う目線なんです。編集会議していてそう感じます。

大きな責任を感じつつ、楽しみたい作業です。
画集ができ上がったら、ゆみさんにもぜひ見てほしいです。
Posted by タク at 2009年06月24日 09:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。