2006年02月08日

観光局が旅のはじまり

venezia060208.jpg
1月30日付けの「スケッチの旅」でスケッチ旅行のことを書きましたが、今日はその、第二回目の打ち合わせ。旅行代理店のKさんと企画側のSさんと、一歩前進の会合がありました。
冒頭の絵はその旅程の候補地を私が描いたもの。

まだまだこれ以上あかせない〜と言いつつ、もしかして一目瞭然?(笑)
いや、まだ候補です、本決定じゃないです、机上のプランです。でも、気持ちはもう彼の地へ飛んでます?。
巡る場所とかも徐々に絞られてきて、レストランやホテルの情報を総合すると、ちょっとステキなツアーになりそうな予感がします。

旅行って、よく言われることですが、このプラン段階が楽しみの大勢を占めてるといっても過言ではないですよね。資料を集めたりネット検索したり、、、。それが、まずは楽しいわけです。(おっと、それは好き勝手なことを言ってる私レベルで、私のわがままに耳傾ける旅行代理店のKさんや企画側のSさんはタイヘン、ですね、ゴメンナサイ!)

かつては東京の各国の観光局へ出向いていって、資料集めをしたものです。郵送でもおくってくれるのですが、わざわざ仙台から観光局へ行く、というところから旅ははじまってたりするわけです。(それだけ若いコ頃はヒマだった、ということでもある)
市販の旅行ガイドじゃ絶対手に入らない生の情報が手にはいるのですから、使わない手はありません。

さすがにここ数年は、郵送問い合わせに手段を変更。
「御国のどこそこを旅する予定なのですが、ついては宿泊情報や交通機関、地方の紹介パンフレットをありったけ、お送りいただけないでしょうか?」と、丁寧に真摯に、問い合わせの「手紙」をまずはしたため、ポストに投函。
その後、しばらくして郵送で届く某国政府観光局の封筒。
開封すると、たばねられた観光パンフレットや宿泊リストが、手元にずしっ。

お国柄、民族気質にも異なりますが、冊子の束から発せられてるのは、旅先の国からのウエルカムモードです。
私にとって、この旅の資料の「重量感」と「ようこそ光線」が、「旅」のはじまり〜♪、なのです。


※当アトリエギャラリーサイトはこちらから
http://www.termnet.co.jp/furuyama/

----------------------------------------

■電探室情報・旅ゴコロくすぐりサイトはこちら--■




posted by タク at 21:34| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タクさん、ここでのご挨拶すっかり送れてしまいました。
ブログ楽しませて頂いてます。

旅・・・私もそう聞くだけでワクワクしてきます。
ご存じの通り飛行機が大の苦手な私なんですが(笑)、旅の魅力の前には勝てません。
心が飛行機よりも先にその地へ降りたって、
楽しそうに手招きしてるんですもん。

政府観光局のパンフレットはそれを見るだけでも楽しいですね、タクさんのブログを読んでると旅に出かけたくなっちゃいます。
Posted by しのぶ at 2006年02月09日 11:33
しのぶさん、コメントありがとうございます。
しのぶさんはたしか、スペインをさまよったと聞いたような気が。。。
飛行機じゃなく、ヒコーキって考えるといいですよ。カミヒコーキみたいで痛くなさそうでしょう、あれ、前にもこんな会話、したようなしないような…(笑)
実は来週月曜日、その「ヒコーキ」に乗って某国です。知り合いに行き先言うと、みんな口そろえて「ぜんぜん似合わね〜!」と言います。(泣)
Posted by タク at 2006年02月09日 17:34
ウ〜ンいいですね〜
もはや旅がスタートしてる感じ・・・
イイ!旅はイイ!!
「似合わね〜」(ブフッ)旅の土産話を楽しみに!!
Posted by 健さん一筋 at 2006年02月10日 00:03
土産話、たぶん100倍くらいにふくらませて持ってきますので、オタニシミニ!
Posted by タク at 2006年02月10日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。