2009年12月21日

声楽の日

日曜、日頃からお付き合いいただいている塩釜の「チャンプ学習スクール」の社長夫妻から、声楽リサイタルの招待状をいただき塩釜まで行ってきました。
「高橋正典・声楽リサイタル」です。

コンサートはいままでいろいろなジャンルを聞きに行ってますが、声オンリーの声楽リサイタルははじめてでした。

五部構成の二時間。世界でも評価されている歌声を十二分に楽しんできました。

なにより、世界的な声楽家、高橋正典氏が「塩釜に本拠を構え、仙塩地区で市民有志と活動して行く」とのことですので、これからが楽しみです。
なんといっても、超一級のプロが、継続的に市民に指導するなんて、凄いな、と思います。それも、クラシックからゴスペルまで!。

楽都仙台として売り込んでいる昨今、仙塩エリアで高橋氏が指導をはじめることは、大きな刺激となる様な気がしています。

奇しくも歌繋がり、ということでしょうか、北欧個展の時のメインの50号「凱歌」をお買い上げくださったM先生の「歯科一番町」へ納品セッティングサポートしてきました。

gaika1221.jpg

歯科一番町の受付スペースに展示していますので、虫歯があり、凱歌を見てみたい方は、ぜひ、歯科一番町へ(笑)壁面にたくさんの絵や書がおしゃれに飾られ、ほとんどギャラリーのような歯医者さんです。

いつも作品をお買い上げくださっているチャンプ学習スクールの社長さん、歯科一番町のM先生。絵が嫁いでからもさまざまな刺激をくれるお二方に感謝です。



もしよかったら、ランキングクリックをどうぞ。
posted by タク at 09:09| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。