2010年02月12日

涙のサンダーロード

「涙のサンダーロード、ユーチューブでみたんだけど、かっこいいよな〜。」
突然、仕事場に入ってきた息子がのたまった。

私が以前、中一の息子にブルース・スプリングスティーンのアルバム、「明日なき暴走」を貸したのがきっかけで、よく聞いていたようなのだが、ライブをネットで見て、震え止まらずといった感じ。

「ギター肩からかけて、ハーモニカ吹く姿、めちゃかっこいいよ」と息子。
「そうだろう、父ちゃんは、むかし、東京の代々木オリンピックプールで、ライブ、見てるんだぜ!」
「いいな〜」
「キーボードも泣かせるよな」
「うんうん、いい!」
「どれ、もう一回、見てみるか!」
「オッケー!」

息子とスプリングスティーンの話で盛り上がれるなんて、、、晩酌がうまかったのはいうまでもなし。

「ギターソロ、マスターしてみいよ!」
に、「んだね!」と答えた息子がうれしくもあり、まぶしくもありました。



もしよかったら、ランキングクリックをどうぞ。
posted by タク at 13:07| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供は日々逞しくなり、親は日々情けなくなるって言う感じ?でもそれすら嬉しく思えるのが親の幸せだよね。
わが家の息子もすっかり大きくなり頼れるようになってきました。
Posted by ゆみ at 2010年02月13日 09:16
ゆみさん、そうそう、そんなかんじ(笑)
マイロ君もどんどん大人になってるでしょう?

子を育てるって、ほんとうに大変だけど、旅仲間が増えたようでうれしかったなあ。ニンマリ一人、ワインを傾けていました。
Posted by タク at 2010年02月13日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。