2010年04月17日

個展と天気の話

雪です。

昨年10月の藤崎展の最終日は台風直撃でした。
う〜ん、ナゼカ会期中一回は予想を越えた天気になるのです。

でもね、実は、すんごくラッキーなこと、と、思っています。
なぜかって、外出をためらってしまう天気の中、それでもいらしてくださるお客さんがいます。そんな方々に会えるから。
いつも以上に感謝の気持ちが持てるから。

こりゃ、どう考えても天からの贈り物ですね。

今日は、いつもお世話になっている藤崎の美術工芸サロンの方や、塩釜の学習塾の社長さん、アニメむすび丸の演出、制作、キャラクラーデザイナーの方々も東京から来てくれることになっています。
雪の中、すみません。
ありがとうございます。

今日明日のこり二日、どんなお客様にお会いできるか楽しみです。

閑話休題

実は、昨日、西仙台ロータリークラブの会合で「卓話」を依頼され、小さな講演をしてきました。
タイトルは、「ツキを呼ぶ魔法の言葉とわたし」
縁の不思議さを、絵本「ツキを呼ぶ魔法の言葉」のいきさつとからめての内容でしたが、人生の大先輩達を前にして話すことが、こんなに緊張しようとは、、、。だって、メンバーは皆、一国一城の主。そりゃ、さまざまなことをかいくぐってきたに違いない猛者ばかりですから。
「なにか、少しでも私の経験からすくいとってもらうことがあれば」と、前置きして話しました。
緊張のあまり、時計を見誤って、5分前に話を終わらせてしまった自分が情けないったらありゃしない、、、。そんなプチ講演会でした。

------以下個展のご案内です-----
LAND'S END#16
古山拓水彩画展【母国遥望】
●会場/晩翠画廊 仙台市青葉区国分町2-3-23(東北公済病院となり)電話022-713-6239
●会期/4/13(火)〜18(日)午前11時〜午後6時(最終日午後5時閉館)
◉入場無料

kokuchi100321.jpg

posted by タク at 07:57| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪なのね。びっくり。
桜はどうなってしまったのかしら?

お天気に左右されずに来てくださるお客様。
タクさんの魅力のなせる技ですね。

母にも葉書を送ってくださったのね。
ありがとう。
何より気持ちが嬉しいです。

スペインに行く前に、日本に寄ります。
わずか一週間ほどですが、久しぶりに家族で日本の地を踏みます。
Posted by ゆみ at 2010年04月17日 11:55
ゆみさん、こちらでは桜が雪をかぶってます。
一目千本桜といわれる柴田町の桜並木を見た方は、白い雪の中に、ピンク色が映えて、幻想的な雰囲気だったと、今日、会場で教えてくれました。

お母様にはご挨拶代わりに送りました。
DMは、私の生存証明書みたいなものですから(笑)

日本立ち寄りは、今月末、ですか?
うれしくも慌ただしい一週間になりますね。


Posted by タク at 2010年04月17日 22:30
水彩画で描くとすると、どんな雪と桜に
なるのでしょうか。

今回の個展では、色遣いの変化を感じました。
雪景色、それからはがきではわからなかった
飛翔渓水の本当の色がわかったのが収穫でした。

本物の方がやっぱり素敵でした。
Posted by 木村澄子 at 2010年04月18日 10:38
木村澄子さん
個展無事終了です。
ありがとうございました。
雪桜、見てみたいですね。

津軽の地ふぶき絵は、取材はかなり前ですが、ようやく描くことができた絵でした。
Posted by タク at 2010年04月19日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。