2010年09月16日

広瀬側美術蔵搬入前日

hirosegawabijyutu002.jpg

今日午前10:45過ぎ、廣瀬川美術蔵の案内が、DateFMのパッセージから流れます。
昨日、電話での取材を受けました。

明日の搬入現場には河北新報さんが取材にいらっしゃいます。

いつも思うのですが、取材は自分自身を映し出してくれる鏡です。
告知や記事もうれしいのですが、自分が何を考えてるか、客観的に再確認できるので本当にありがたいです。

今日は搬入前日。
やることメモ書きして、いっこいっこ消していく日になりそうです。

以下、廣瀬川美術蔵告知です。

++++++++++++++++
廣瀬川美術蔵
2010年 9月18日(土) ~ 20日(月)
午前 10時 〜 午後6時(最終日午後3時終了)
会場  森民酒造本家  仙台市若林区荒町53番地

廣瀬川の伏流水を使い酒を仕込む、森民酒造本家。
今年もその「仕込み蔵」を舞台に、絵、ガラス、染織、書による廣瀬川をテーマにしたコラボレーション展示が繰り広げられます。
明治期、塩竈、松島、廣瀬川をたどった正岡子規の紀行文「はて知らずの記」を、絵と書でたどる試みに、廣瀬川水系の水と色をモチーフに織り上げられた草木染が花を添えます。
そして、廣瀬川の砂で創られた「仙台ガラス」の酒器とうつわ、そしてランプの明かりが水面のゆらぎを表現します。
三日間限りの「第二回廣瀬川美術蔵」に、どうぞご来場ください。

■コラボレーション作家
村山耕二 <ガラス作家>
佐藤江里 <染織作家>
伊藤康子 <書家>
古山拓


◎正岡子規「はて知らずの記」
明治26年7月19日から8月20日まで東北を旅した正岡子規が、日本新聞に紀行記事として連載。その中で、廣瀬川を遡行している。旅の目的は、松尾芭蕉の足跡を辿ることにあった。
仙台から塩竈、松島ヘと足を伸ばし、船で松島湾内を巡り、おおくの歌を詠む。その後、仙台に戻り青葉城趾、愛宕神社、宮沢橋を文にのこし、国見へ逗留。8月5日、徒歩で48号沿いに廣瀬川を上り、関山峠を越えた。
山形に出た子規は最上川を下り、象潟から岩手へ抜け東京に戻っている。

会期中イベント
◎オープニングパーティ開催・初日午後17:00〜20:00迄
( バーベキュー会場にて、1ドリンク&おつまみ付 / 会費1,000円 )
◎連日、森民酒造のお酒と共に味わう「三陸おさかな倶楽部」による海鮮バーベキュー
( 単品 300円〜 / お得な2,000円食べ放題 )を開催します。
posted by タク at 08:56| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよですね〜♪
今日移動の車の中で、偶然パッセージを聞きました。(途中からですが)
黒田さんのコメントからも、イイ感じの緊張感が
漂ってましたよ〜
あっ、DMありがとっ!コメント大ウケでした。
では、拝見するのを楽しみに!!
Posted by 健さん一筋 at 2010年09月16日 21:15
健さん一筋さん、黒田さんの声をお聞きになったのは、偶然ではないでしょう、必然です(笑)
コメント、ほとんど徹夜状態で書いたので、何を書いたのか、う〜ん、思い出せない、、、。定例会メンバーそれぞれ違ったことを書いたはずなんですが、、、。
お待ちしています!!!
Posted by タク at 2010年09月17日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162798004

この記事へのトラックバック

「廣瀬川美術蔵2010」開催中〜
Excerpt: タクさんの作品が見られるぅ〜♪と、 はりきって初日に行ってきました(^O^)/ 入り口からワクワク感がましてきて・・・ 蔵の中のシンッとひきしまった静けさの中に、 力強いタクさんの絵がうか..
Weblog: だってワクワクなんだもん♪ 仙台生活
Tracked: 2010-09-19 13:26