2010年10月27日

戦場カメラマン

戦場カメラマン渡辺陽一さんを最近テレビでよくみかけます。
独特の語り口が好きで、いつもは夕ご飯終わるととっとと仕事場に戻るのですが、つい彼が出ていると見てしまいます。

実は、小学校の時の私の「大きくなったらなんになる?」は
戦場カメラマンでした。(世の中知らないコドモのことですから、まあ、大目に見てください)
本棚には沢田教一写真集「戦場」やロバートキャパの「ちょっとピンぼけ」、「太平洋戦争写真集」なんてのがずらーっと並んでる、ヘンな子ども。
sawakyo_senjyo.JPG
大人になって、気がつくと絵で食う道に進んでしまった訳ですが、昨日もテレビに出ていた渡辺さんの番組をついつい見てました。

そのなかで、ギャラの話や、取材費の話のくだりで

「日本に帰ってきて写真を買ってもらい、そのお金でまた戦地に行きます」(要約してます)
に、おもわず、妻と顔を見合わせてにやにや。

続けて
「写真が売れないと0どころか、大赤字です。ギャンブラーですね」

すかさず妻が
「ウチとおなじだねえ」
「ウン…」

どうやら、私の生活、子どもの頃の夢とは職種は違ったものになりましたが、どうやって前に進むかは、結果同じような仕事についてしまったようです。まさに「思い」は「実現する」(笑)

個展をひらくために何でも描いて稼いで、飛行機代にあてて、現地に行く。で、売れるかどうかわからない絵を全力で描く。
なんともはや酔狂もいいとこ。
ちなみに私の場合、単価が決まってるので、どんなに個展で売れても、旅費、取材費、制作期間を経費換算するとマチガイナク赤字(笑)
でも、いずれは叶えるのさ「ドカンと一発!」(笑)
まさに絵描きもギャンブラー一族なのでした。
とはいえ、実弾飛んでこないから、へなちょこギャンブラー、ですけどね。

そんなわけで、渡辺陽一さんのことを、ワタシは応援しています。
絶対生きて帰ってきてくださいね!
posted by タク at 13:35| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>絶対生きて帰ってきてくださいね!

自分も渡辺さん好きです。
しゃべり口調もそうですが
人柄がにじみ出てて
親近感がすごくある方だな〜って思います。
でも、日頃テレビなどに出演されているのを
拝見してますと、「戦場」という場所に
赴いている人とはかけ離れてしまって・・・

古山さんのこの一言で
すごい実感が沸いて
ドキッとしてしまいました。

古山さんも海外へ行かれることが
多いですが、いつもながら
元気で帰国して欲しいと
思っています。(・_・)(._.)
Posted by at 2010年10月27日 16:16
お名前がなかったので、(・_・)(._.)さんとさせてください。
コメント、ありがとうございます。

そうなんですよね。テレビからはその職種が持つ一線を感じさせないところが、渡辺さんの深さのような気もしています。
そういう仕事につけたら、あんなふうにナチュラルに振る舞えるかな?って思うのです。

私の海外取材は、渡辺さんにくらべればお散歩ですから大丈夫。
それでも、応援、とてもうれしかったです。
ありがとうございました!

Posted by タク at 2010年10月27日 17:59
あ〜スミマセン!
名前が抜けてました・・・
カートです(笑)
Posted by カート犬 at 2010年10月27日 22:03
あ、カートさんでしたか〜。
渡辺陽一さん、いいですよね!♪
Posted by タク at 2010年10月28日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167351777

この記事へのトラックバック

戦場カメラマン 年収
Excerpt: [ブットバース!!]TBSが“土8”でバラエティー復活 注目される因縁の対決 ‎2010年11月18日‎ さらに、戦場カメラマンの渡部陽一さん..
Weblog: 激早!ニュースダイジェスト
Tracked: 2010-11-20 16:13