2010年12月25日

サンキューベリーマッチ♪

xmas_sienna.jpg
昨晩のこと。
我が家恒例のクリスマスのイベントがあります。
映画「クリスマスキャロル-SCROOGE」を皆で観ること。

昨晩、仕事をかたづけ、夜七時過ぎ、
「夕ご飯だよ〜!」の声に「今宵も映画クリスマスキャロル〜♪」と、心中ウキウキ階下におりると、
息子(中2)がアコースティックギターかき鳴らし、歌いまくりでなんだか慌ただしい。

息子「今夜のテレビにさ、齋藤和義がでるんだ♪絶対に、観る!!」
妻「マイケルのTHIS IS IT」も今日だよ!録画!ビデオビデオ!」

私「……(ついにクリスマスキャロルを観ない年がきちゃったか…しくしく)」

チキンをたいらげ、齋藤和義登場を見終わると、息子が
「で、今年、クリスマスキャロル、観ないの?」

娘(高2)がクールに
「そうだよ、今日は観る日だよ。いつになったら観るのかとおもってた」


じわーんとうれしくなり、そうこなくちゃ!とDVDをセット!!


あえて今年も書かせていただきます。
やっぱり「クリスマスキャロル-SCROOGE」は大傑作です。
サンキューベリーマッチの歌に、じ〜ん。

クライマックスのスクルージ改心から、合唱大群舞のたたみかけに、涙こらえるの、実は必死。

はじめて見たのは16歳くらいのことでした。
NHKで恒例で何年かクリスマス放映していました。

あれから毎年(途中、放送がなくなりあいちゃった数年があるけれど)見続けて、ウン十年。
ソフトもビデオからDVDになりました。

一緒にじーんとしてくれる家族にもサンキューベリーマッチ!!!のイブでした。



冒頭の絵は、以前シエナを訪れたときに教会尖塔を護っていた聖人像をクロッキーした中の一枚です。


大忙しのサンタ、いまは、このへんらしい。がんばれ!





posted by タク at 10:10| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。