2011年01月06日

Mr.ジェラルド・ミューヘッド

jerry.jpg
昨晩、今年一発目の新年会で仙台五橋にあるアイリッシュパブ、バーンズへ。
お相手は、スコットランド人の仙台在住バグパイパー、ジェラルドミューヘッド氏
実力派のスコッツミュージシャンです。
正月、電話をもらい「飲もう」、ということに。
十年前のアイルランドの旅個展のときにお世話になって以来の一献でした。

一献スタートが9時過ぎ、いあわせたジェリーさんの友人達もきがつけばワイワイというところが、ケルティックでマル。

実は氏の細君お父様は、なんと、私が食えなかった時代お世話になった映像カメラマン(!)
モノヅクリの丁寧さを仕事を通して教えてくださったNカメラマンなのでした。

おまけに去年のスコットランド取材で泊めてもらった、英国人の友人ともオトモダチ。
うむむむ、縁はまったくもって異なものです。

しかして、英語日本語半々で進んだ二時間、言語ニューロンがフル稼働で、後半戦、脳みそがホットに沸騰。
アタマがジンジンしていました。とほほ。


posted by タク at 09:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。