2006年05月17日

ある美容師の話

ファッションスタジオサムという美容室を経営する友人がいます。

060517pict.jpg


彼のモノヅクリ度はすごいの一言。
デザイナーやディレクター、絵描きさんといったモノヅクリ指数高めの人達に縁が強い世界に生きていますが、彼ほどのピュアで、なおかつモノヅクリ度高い男はなかなか見たことがない。

髪をいつも切ってもらっているんだけど、ヘアに対するプロ意識もすさまじいけど、そのベースには純粋な作るということや美ということへの追求心に頭が下がる。

サムのホームページはこちら。
http://www.sam-samurai.jp/

今まで出会ったモノヅクリ師のなかで、刺激の強い男、数本指に入るかも。あ、ただでさえ刺激強い外見してるけど(笑)。

サムが以前買ってくれた絵が、今日の一枚。秋の終わりの奥入瀬渓流の絵でした。

----------------------------------------

当アトリエ・ギャラリーサイトはこちらから。
http://www.termnet.co.jp/furuyama/



----------------------------------------


個展のご案内
LAND'S END#10 
-バルセロナ発リスボン行 水彩紀行-【古山拓の ぽるとがる文】rokamisaki.jpg
会期■2006 6/9(金)〜6/15(木)(最終日午後5時閉場)
会場■藤崎本館6階 美術工芸サロン
仙台市青葉区一番町三丁目2-17藤崎



■以下、6月、私が同行するイタリアスケッチツアー【仙台発着イタリア・トスカーナの旅】のご案内です。
http://www.termnet.co.jp/furuyama/topics/index.html

italytourpanf.jpg


■数年前、イタリア・トスカーナからフランス・ブルターニュを旅したときの個展の様子は以下アドレスへどうぞ。
http://www.termnet.co.jp/furuyama/gallery/g_landsend6/index.html


----------------------------------------

■アートなこだわりグッズ.by-MoMA■
120-90_pup

■旅ゴコロくすぐりサイトはこちら--■








posted by タク at 22:33| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
{ものづくり}のひた向きさは、継続していると必ず花開するものですね。妥協しない姿勢は、自分に厳しく尚且つ大切な事なんだなぁ〜と、痛感する出来事がつい先日ありました。
Posted by 健さん一筋 at 2006年05月21日 22:20
健さん一筋さんが痛感したというその出来事、是非お聞きしたいです。ホント是非!
苦しいときはついつい横道がラクでよさげな道にみえるものです。そこでひたすらまっすぐ突き進む、、、。忘れたくない心持ちです。
Posted by タク at 2006年05月21日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。