2011年01月10日

正岡子規の足跡-岩沼篇

何度か書きましたが、正岡子規の東北旅を、絵と文で紀行し発表することになっています。
で、今日は晴れ間を縫って、仙台の南に位置する岩沼へ小さな取材旅をしてきました。

それはもう、、、、寒がった〜!
スケッチする手の感覚がどんどん麻痺してました。


さて、子規は上野を発ち、東北へ汽車でアプローチするのですが、宇都宮や福島で途中下車しつつ宮城に入ります。
宮城で最初に降りた地は、岩沼。
降りるとすぐにてくてく愛島方面へ向かいます。
目的は藤原中将実方朝臣の碑をみることでした。
まず最初に、中将実方落馬して命を落としたと言われている道祖社を訪れます。
20110110dousosyakodo.jpg
その後、墓碑がある場所へ向かい(道祖社から徒歩十数分)、そこで子規は、おもいがけず西行の句に出会い、感激しています。
20110110saigyokuhi.jpg
このあと、子規は名取駅までまたてくてく。駅から汽車にのり、仙台に辿り着くのでした。

写真は、子規が立ち寄った道祖社で発見?した、たぶん古道と、藤原中将実方の墓碑脇、西行の歌が刻まれている碑。

「朽ちとせぬ その名ばかりをとどめおきて 枯野のすすき形見にぞみる」ー西行

いかなきゃ出会えなかった古道にワクワクし、西行の句の刻まれた古い碑にドキドキしてました。








posted by タク at 17:28| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お気に入りのブログで“正岡子規”で繋がりました顔1(うれしいカオ)
http://plz.rakuten.co.jp/machi38matsuyama/?c2=1835796595

覗いてみてください八分音符
Posted by ゆう at 2011年01月10日 19:37
ゆうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ただ、楽天のトップにしかいけませんでした、、、。
やり方がわるいんですね、きっと。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by タク at 2011年01月11日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。