2011年03月22日

東北震災復興支援企画個展『明日へ』

急遽決定、晩翠画廊での復興支援個展のご案内です
クチコミヨロシク!の報に、仙台デパートメントの支配人キクチタカヒロさんが、ブログ、ツイッター、フェイスブックでやっちゃってくれてます。
以下、晩翠画廊金子マネージャーからのメッセージを転載します。

-----------------------------------------------

このたびの震災により、やむなく中止延期とさせていただいておりました
古山拓氏の個展を開催することになりましたのでお知らせいたします。
当初、古山氏と中止を決めてから画廊に在廊し何人かの方からの
「古山先生の個展はやってますか」の問い合わせに、できることからやっていこう!
というお話を古山先生とさせていただき今回の個展の運びとなりました。
開催の日程は下記のとおりです。

晩翠画廊・東北震災復興支援企画 古山拓個展LAND’S END#18『明日へ』
日時 2011年3月23日(水)〜2011年4月24日(日)まで
   AM 10:00〜17:00まで  月曜定休
※尚、この企画の売り上げの一部は義援金として
『SAVE SENDAI 311』に納めることといたします。

幸いにも画廊はほとんど損傷を受けることなく残りました。
マネージャーである私金子も怪我ひとつなく健康状態です。
できる人たちが、できることからどんどんやっていかないと
この街は復興していくことはできません。
DMを作成することなくこの企画を推し進めることにいたしますので
どうかメディア関係の方々は広くインフォメーションして頂き
1人でも多くの方々に作品をご覧いただきたいと考えています。
画廊へ訪れた方々と会話を交わし皆で力を合わせて頑張っていくための
パワーを充電していって頂けるそんな空間になればと考えています。
どうか、お近くにおいでの際はお立ち寄りいただきご覧いただきたいと思います。

以下の文章は古山拓氏からのメッセージです。

晩翠画廊 東北震災復興支援企画 古山拓個展 LAND’S END #18【明日へ】

ーごあいさつー
このたびの震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を心からお祈りいたします。
そして、いまだ行方不明の方々の無事を願います。

いままで、たくさんの旅をしてきました。
ヨーロッパの見知らぬ村に行き着いたり、東北の山奥へ誘われたり、
思いもよらない風景がその先には待っていてくれました。
そしてそれぞれの旅は、必ずその先の明日へと続いていました。

災害が、愛する東北を襲っています。
そのすさまじさは想像を遥かに越えるものです。
いまだに信じられない自分がいます。
そして自分の無力さに憤っています。

立ち上がる気力を奮うには、時間がかかるかもしれません。
でも、あきらめない限り、明日は必ずやってくると信じたい。
遥か先に見える光へ向かって、明日へ進むため、
延期としていた個展を敢えて今、開きます。
東北の風景とヨーロッパの風景を展示いたします。
東北風景では、今は消え去ってしまった風景も敢えて展示します。
売り上げの一部を災害義援金としてSAVE SENDAI 311に寄付します。
(仙台在住の友人医師が、世界中の友人医師らの呼びかけに応じて開いた義援金窓口です。)

会場にいつも居ることは叶いませんが、たくさんの方々に
画廊でお茶を飲みながら心を休めていただければ幸いです。
画家・古山拓

------------------------------------------

今日は午後から展示。
最後の絵をザックに放り込んで晩翠画廊にゴーです。
遅ればせながら、最前線にでがんばってる皆さんに続いて、私もBrave Tohokuです。
brave_tohoku72_2.jpg
posted by タク at 08:59| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ明日からですね。
私には何も出来ませんが
mixiにこの展覧会のことを載せさせて頂きました。
沢山の方がきっと力をもらえる展覧会になると思います。
どうぞ、お体を大切にして下さい。
Posted by みゆ at 2011年03月22日 19:39
やあ、やってるね。
Posted by しょう at 2011年03月22日 21:41
震災支援個展のお知らせ、ありがとうございます。当方のブログでもご案内させていただきます。力強いデザイン、パワーをもらいました。
Brave Tohoku 311!
Posted by ジュミック今井 at 2011年03月22日 22:02
みゆさん、ミクシイでの告知、本当にありがとうございます。
昨日、沿岸部の津波でさらわれたところに支援で入っている友人が一時帰宅、個展会場に手伝いにきてくれました。
沿岸部にくらべたら、仙台市街地中心部はハッピー極楽天国でしょう。
大丈夫、ノープロブレム!です。


しょう、てなわけで、駆けつけ待ってる!


ジュミック今井さん、告知サポート、ありがとうございます!
ジュミックさんの声聞いて思い出したのが、ずっとやってたリスニング英会話(笑)
さすがに311からスピード◯ーニング、すっぽりと忘れてた私でした。
Posted by タク at 2011年03月23日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック