2011年06月18日

明日石巻へ

昨日、息子の誕生日で中華料理店へ。
いった店は、「美香園」
今はなき老舗、仙台ホテルの中華料理長が開いた店です。
はじめていきましたが、なんというか、外国に行った気分でした。
不思議なデジャヴュ。

異国を旅していると、チャイニーズレストランにはよ〜くお世話になります。
なんといってもジャン系の調味料が味の基幹、そして、どんなど田舎にもある中華料理店は、ニッポンジンのわたしにとって強い味方なのです。メニューが英語であってもだいたいわかるしね(笑)
Fried rice with pork and vegetable...「はは〜ん、五目チャーハンね」みたいな(笑)

そしてたいがい、東洋的オリエンタルエネルギーがみちているわけで、昨日の「美香園」さんにもシッカリそれがありました。
東洋的オリエンタルエネルギー?なんだいそりゃ???となるかとおもいますが、『よっしゃ!食らうぞ!』エネルギーとでもいったらいいのかな(笑)
妙〜〜にこぎれい、オトナシイお客さんばかりの中華レストランって、私は、ダメ(笑)
中華料理は『シッカリオイノチ!イタダキマス!!』という業エネルギーが満ちていてこそ、だと私はおもうわけでございます。

味もどぎつくなく、何皿でも食べられる、そんないってよかった〜の、店でした。
(15歳という食べ盛りの息子は、鳥の辛し炒め定食+エビチリ×1.5+餃子+チャーハン1/4+スープ1/4+五目そば1/4。以上完食でした。)

isinomaki_asu_kodomo.jpg
さて、明日、石巻行きです。
行く先は「石巻こども避難所クラブ」。

縁あって、義援金の窓口「Save Sendai 311」の運営に関わっています。
震災直後、友人の医師に、外国の大勢の医師や医学会から寄付をしたいという申し出が届きました。で、たちあげたのが「Save Sendai 311」。直接被災地を支えるNPOや現地の団体へ義援金をダイレクトに送るというスタンスをとっています。

そのなかに、「石巻こども避難所クラブ」があります。

知人の画家、柴田滋紀氏が核となって震災直後に石巻に立ち上がった組織です。
いろいろなものを奪われた子ども達をサポートしています。
今後の活動も踏まえ、「Save Sendai 311」として「石巻こども避難所クラブ」を表敬訪問することが必要、ということでの石巻行きです。現場に伺う事で、支援のカタチをより効率的にしたいと思っています。

写真は、震災後一ヶ月くらいに行った時の、石巻門脇地区。
あすは、「Save Sendai 311」スタッフ5人が門脇中学校で「石巻こども避難所クラブ」の方々と合流、活動の拠点を何カ所か紹介いただく予定です。





posted by タク at 11:49| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はまだ。。。

拓さんに託します。
よろしくお伝えくださいね!
Posted by ねこっち at 2011年06月18日 16:37
門中は僕の母校です。
母校をよろしくお願いします。
Posted by おさかな王子 at 2011年06月19日 00:09
ねこっちさん、了解、今からいってきます!
Posted by タク at 2011年06月19日 08:43
おさかな王子、コメントありがとうございます。
王子の活躍を陰ながら応援しています。
門脇中が母校でしたか、、、了解、いってきます!
Posted by タク at 2011年06月19日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。