2011年07月03日

ゼネコンにエール

cannon.jpg

先日、ある商売なさっている方がこんなことを言ってました。
「震災後、ようやく最近商品が動いて来たよ。百貨店も食器から動き始めてるって話。震災で割れた食器を、いいものに買い替えるお客さんが増えてるって話だね」
ゼネコンに勤める友人からも、本格的な復興工事がはじまり忙しくなってきた、と入電。
だんだんとギアが回ってくれるといいなと思う昨今です。

新しく家が建つ、そしたら次は、そう、壁面に絵!がくるはずなのです(たぶん、ね=笑)

不謹慎と言われようが、この際いわせていただきます。
いいぞ!どんどんお金を動かしてくれ!!
そうでないと、私のような仙台の末端絵描きは、体力切れでミイラになって即成仏。
あ、ミイラって即身仏っていったよね。
こりゃシャレになりませんて。

というわけで、がんばれ!ゼネコン現場復興!!
地元にお金をどんどん落としてくれ♪



今日は一点額装完了。
産婦人科の院長先生からご注文いただいていた、受付壁面にかける絵でした。

本日アップの絵は、その先生と婦長さんが以前百貨店で購入くださったもの。
タイトルは「鐘音-cannon-」

いまは医院の廊下に架けられています。



posted by タク at 18:04| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仲人役の私どもも同意見です!
ただ私的には震災後恵まれていましたのでよい作家さんのおかげで直後からイイ方向に向かっていましたね〜
ウインク

回れ回れお金は回せ〜♪

と歌を歌いたい気分でございます手(チョキ)
Posted by ねこっち at 2011年07月04日 00:47
食器の話は別のところから聞きました。
水につかってしまったものは、割れてなくてもそのまま使う気にならないので、支援物資でも食器を求める方が少なくありません。私も戸棚の奥のものを提供させていただきました。

『新しく家が建つ、そしたら次は壁面に絵』の間に家具もいれていただきたいです。
こちらもかなり乾いてます。(笑)
Posted by 桑原 at 2011年07月04日 07:52
ねこっちさん、その節は大変お世話になりました。
人生の個展履歴の中で歴史に残る作品展でした。
がんがんお金、まわしてほしいです!
Posted by タク at 2011年07月04日 09:27
くわちゃん、そうでした!家具ももちろん必要です。
家具を購入、で、壁面スペース割り出してもらって、空間を活かす絵!これが美しいです。
お互い即身仏にならないよう、食いつなぎましょう。
Posted by タク at 2011年07月04日 09:30
ゼネコンさん、本当に忙しいようです。現在、仙台を始め被災地周辺のビジネスホテルの稼働率は9割以上とか。大半がゼネコン、土木関係らしいです。
Posted by ヌマンタ at 2011年07月04日 12:13
ヌマンタさん、いまは、震災直後の交通復旧に続いて、第二派のようですね。
友人のメールも、行間から悲鳴があがっていました。
Posted by タク at 2011年07月04日 18:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。