2011年09月06日

戊辰戦争の御霊へ

1868年、戊辰戦争。
その影に散った、あるいは生き抜いた、名もなき人々を丹念に追った自費出版記録が手元にあります。
「戊辰の戦い〜仙台藩の先人たち」

昨日、著者の木村さんが私の仕事場来訪。

先人達の墓所が仙台のあちこちにありますが、その地図をつくりたいとのこと。
私がお世話になっている絵のお客様の縁でみえられた経緯もあり、制作を引き受けました。
東北人として、それはわたしの「できること」でもあります。

150年ほど前、東北を背負い、戦にのぞんだ先人達の名前の列挙に、鳥肌が立ちました。
御霊との出会いに感謝です。

bosinnnotatakai.jpg



posted by タク at 15:53| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい!

私もとある立派な方から
『頼まれごとは受けるべし』
と決めていると聞いてから、見習う事を心がけています。

ちょっと大変なことも
受けることで新たな発見や自分の糧になる事は常ですものね!

できることから…

さすがです!

Posted by ねこっち at 2011年09月06日 18:57
いいねぇ。
できることだって、自分から気付かなかったり、誰からか頼まれなかったら、結果としてできなくなるものね。
出来てなかった事でも、なんとか仕上げてみれば、新たな道が現われ出ることもあると思うし。
かといって、思いつきばかりでやりすぎてしまうのも限界に当たりやすくなる。
得意か不得意か、好きか嫌いかくらいは振り返らないとね。
むつかしぃのぉ。
Posted by タナカアニ at 2011年09月06日 23:13
拓ちゃんの人柄が仕事を呼ぶんだね、そしてここ数年前から拓ちゃんから素晴らしいパワ−が漲る様に出ているよ。自分では気が付かないんだと思いますがね。そんな事で『こいつイイ顔しているな』って思われて、無断でテレビコマ−シャルに使われるんだよね〜(ジェラシ−・・・かな?)
とにかく今の拓ちゃん生き生きしているもんね、長生き出来ないのかな〜(苦笑)
但しイイ仕事を続けていくためには、たまに男女の関係ではありませんが、フッテ自分の時間を作る事も?イヤそんな余裕も必要ですよ。ジ−プ島に又行こうよ・・・・!
Posted by ロスのピンククパンサ− at 2011年09月07日 09:52
ねこっちさん、絵地図です。
いままで何度もビジネスではしていますが、今回はほぼボランティア。
かぎりある時間の中でどこまでの完成度をめざせるか、でもあります。
Posted by タク at 2011年09月07日 17:34
タナカアニさん、基本、完成形はイメージできているので、大丈夫です。いけるでしょう。

描く事がすべて好きかと言われると、答えはノーですよね。
どうにも自分が楽しめない仕事は、他の得意な方を紹介する場合もあります。
Posted by タク at 2011年09月07日 17:37
ロスのピンクパンサ−さん、なんつうか、どうレスしていいかわからんじゃないすか〜〜(汗)長いお付き合いしてると、恥ずかしい過去が…(笑)

仕事フルことも大事、とは、さすがピンクさん。
そうですね〜、ジープ島にいって何もしない事も大事な仕事、、、かも。
Posted by タク at 2011年09月07日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。