2011年11月22日

「子規の風景」第11回 松島・2

河北新報夕刊掲載の「子規の風景」最新号をアップします。昨日21日付けで掲載されました。
どうか、ご笑覧下さい。

+++


子規の風景 はて知らずの記をたどる

「威厳あふれる瑞巌寺」

松島・2 


政宗の眼もあらん土用干  子規

siki_zuiganji72.jpg

 前回、絵筆の勢いで割愛してしまった瑞巌寺訪問のことを書こうと思う。松島で瑞巌寺を避けては通れない。
 先の津波被害を辛くも逃れた瑞巌寺は、伊達政宗の菩提(ぼだい)寺でもある。塩釜港岸壁に山積みされたがれきを横目に松島に渡ると、何か大きな力が松島を守ったのではないかとさえ思えてくる。
 「古雅幽静はなはだ愛すべきの招提(しょうだい=寺院)なり」とは子規の瑞巌寺へ向けた言葉だ。反面、俳句が彫られた石碑群には「殆(ほとん)ど見るべきなし」と手厳しい評を残している。彼が唯一認めているのが「春の夜の爪あがりなり瑞巌寺」なる句だ。
 私はこの句碑を探してさまよったが、ついぞみつけることができなかった。諦めて拝観券を買い、庫裏へ上がった。そこには伊達家の威光がさしていた。
 子規が政宗公の眼(まなこ)を言葉に選び「土用干し」と言い及んだ宝物群。しかし、今の瑞巌寺は大改修に入っており、全容を見ることがかなわなかった。
 私は改修後の「土用干し拝観」を自分に約束し、庫裏をあとにした。

絵と文/古山拓
picture & text by Taku FURUYAMA all rights reserved








posted by タク at 10:03| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子規の風景-はて知らずの記をたどる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。