2012年02月03日

佐々井上人と会うインドへの旅

明日から一週間ほどインドへ行ってきます。

ここのところ子供達のダブル受験やら、震災後を乗り切ることで精一杯で、海外取材はちょっと遠いことになっていましたが、岡山で住職をしている友人僧侶からの厚意で実現した旅です。

仏教にかかわる地をまわる旅となります。
そして今回、ひとりのお坊さんにお会いしてきます。

その方は、佐々井上人。

1994年アンベードカル博士国際賞を受賞、菩薩と仰がれている方です。
(この国際賞は、過去にダライラマ、ネルソン・マンデラ、マザー・テレサ、アラファトPLO議長などが受賞とのこと)
言葉にできないほどの人物です。ですので、以下のサイトをご覧下さい。

http://homepage2.nifty.com/munesuke/india-sasai-daihorin-2004-august.htm
http://www.eonet.ne.jp/~souan/zakkityou/sasai.htm
http://ameblo.jp/nichigatu/entry-10520602984.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/佐々井秀嶺

私が会うなんて、絶対ありえない、すごい人物です。
その佐々井上人と、あろうことか、三日間、行動をともにさせていただきます。多謝。


ということは、この旅は、震災でぐちゃぐちゃにかき回された心の「祈りの旅」です。
震災から11回目の月命日を、縁をくれた友人僧侶と佐々井上人からの教えをもとにインドで迎えることになるとは、、、私はどうすればいいのだろうか???
どんなに考えても答えは出ないし何も生み出さないので、インドでの旅を、まっさらにからだと心でうけとめて、ありえないこの機会、きちんと大切にしてこようと思います。

(パソコン不携帯の旅となりますので、たぶんネットから消えます。すみませんが帰国まで、ブログもお休みします。次回は2月13日の予定です)



posted by タク at 10:00| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご縁があるが故の旅。
是非ともご堪能下さい。
お話を楽しみにしています!

いってらっしゃい〜\(^o^)/
Posted by ねこっち at 2012年02月03日 11:46
君のことだから大丈夫だとは思うけど、奇異を語る者、奇異を見せる者は信じるなよ。
なによりも大切なものは御先祖様だぞ、神でも仏でもない。
それを忘れるな。

良い旅を!
Posted by モスラの息子 at 2012年02月03日 17:47
ねこっちさん、まずは、いってきます。全てはそこから、ですね。
今までまわってきたヨーロッパとは、全く異質な世界という事は、本や聞きづてにでわかっていますが、身体で受け止める事が大事ですね。
不在中、個展パブリシティ、なにかとよろしくお願いいたします!
Posted by タク at 2012年02月03日 20:57
モスラの息子よ、進言感謝♪だいじょうぶだよ。絵をやっているといままでも奇異を語る類いの輩は、現れましたから。そんなことをクリアしての今。
自分の中心に何が舞い降りるかを味わってきます。
あ、味わいすぎてオナカこわさないようにするね〜♪
いつも、ありがとう!
Posted by タク at 2012年02月03日 21:00
お久しぶりです。今頃はインドでしょうか?体調に気を付けてください。いままでとは違う先生の絵の世界が始まるのでは・・と期待しています。私の方は、佐世保、東京、そしてインドネシアとちょっと出張が重なり、2月17日まで旅の日々になりそうです。是非、2月20日以降でスケジュールがありましたら、ご一緒しましょう。素敵な旅を!!
Posted by 小宮極生 at 2012年02月05日 08:54
小宮さん、返事がおそくなりました、ごめんなさい!
今までとはまったく違う刺激を受けてきました。
ぜひ、2月下旬、一献しましょう。
小宮さんも出張長旅、お気をつけて!
Posted by タク at 2012年02月13日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。