2012年03月12日

個展が終わって

311から一年目の個展が終わりました。

最終日の昨日、午後2時をまわったあたりからいらしてくれた何人ものお客さんが、くちぐちに私にこういいました。
「2時46分、ここでむかえることにしました」

そして、14:46。

その時間、心配りのあるお客さんのひとりが、ワンセグを廊下でこっそりつけていました。
「廊下じゃなくて中で皆で聞こうよ」
と、十人ほどのお客さんと一緒に耳を傾け、14:46。
スピーカーから響くサイレンとともに、会場で黙祷をささげました。

しばらく、それぞれがそれぞれの思いをかみしめている空気が満たしていました。

気を前に向け、会場で接客していると、絵の前になんだか懐かしい後ろ姿が。
なんと、東京で十数年前お世話になった松明堂ギャラリーの社長と奥様が、立っていました。

「なんで、社長、、、ここいるんすかっ!!!??」
「今日が最終日だろう?そして311。来ないわけにはいかないだろう?」

もう、だめ…。

言葉にならない個展の締めくくりでした。

おかげさまで、心に深く刻む個展ができました。
気にかけてくれていた皆さん、心から、本当にありがとうございました!


そして明けて今日。
朝から私は荒浜、閖上、石巻の海辺をまわっていました。
実は昨日、岡山の友人僧侶が、名取市でとりおこなわれた一周忌の法要式典に来ていたのです。
岡山からきてくれた彼を、このまま返すわけにはいかない、と、朝、電話を入れてホテルまで迎えに行き、聞くと帰りは夕方の飛行機。
これは石巻まで足を延ばせそうと、クルマで可能な限り被災地をまわってきました。

「なんだこれは、、、まったくひどいまんまじゃないか、、、」

20120312arahama.jpg

いたるところで、彼の読経の声が風に流れていきました。

20120312arahama2.jpg


さて、今から確定申告と個展準備でぐちゃぐちゃにかき回された仕事場を片付け開始だ。
まるで、地震が来たみたいにちらかってます(笑)


posted by タク at 17:56| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一年が過ぎ、一年が始まりましたね。
そしてお子様たちそれぞれにも節目の年ですね。
奥様にも感慨深い一年であったろうと窺われます。

日本の王都に、皆様でゆっくり休み遊んでください。
ただ歩いてみるだけでも気持ちが洗われるでしょう。

明日のために(^_−)−☆
Posted by タナカアニ at 2012年03月18日 09:12
休息はホント必要ですね。三陸で家を流された方々もいけるといいのにな、と、思いました。
久しぶりの家族旅、楽しい思い出たくさんもらえました。
Posted by タク at 2012年03月21日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。