2012年05月30日

築地

image/2012-05-30T21:30:52-1.jpg
心の師(鬼軍曹ともいう)、10年前に三年お世話になり、今は閉じてしまった小平の松○堂ギャラリーの社長と奥様に築地の寿司屋につれていってもらいました。
もちろん、これから10年のためのガッツ入りの言葉と根性いれてもらうため。

10年前に社長のギャラリーで個展したときも、毎日が大切な手厳しい言葉もらえる連続でした。

今回何を言ってもらえたかは、えへへ、ヒミツだけど、最高級のカンフル剤もらえました。これは、来年の大きな動きにもからんできます。

お寿司と酒も最高だったのは、いうまでもありません。社長、奥様、ごちそうさまでした!


posted by タク at 21:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。