2012年07月01日

息子、新しい武器を手に入れるの巻

高校一年になる息子が新しい武器を手に入れた。

なんでも「フェンダー・テレキャスター」なる、1987年にアメリカで作られたギターなそうだ。
もともと日本で作られたギターを買いにいったはずが、帰ってきたら古いケースをかかえてた。

「持った感じがさ、オレの手にぴったりなんだよ」
「キースのも同じやつなんだ」
「ケースも古くていいだろ」
「キスできるくらいかっこいいよぉ」
と、もう、大変。

「中古買ってきたのか〜」と言ったら
「違う、ヴィンテージといってくれ。1990年以降なら中古ってかんじだけどさ、1980年代モノはオレのなかでは、ヴィンテージ!」

しまいにゃ
「音が、なんていうかさ、アメリカの乾き方なんだよ」
「オマエ、アメリカいってないだろ??」とはあえていわずに、「そうかそうか、そうかもなあ」と、私。

これぞ正しい青春だなあ、と、親父はうなずく、そんな日曜日。
息子の部屋から聞こえるロックンロールギターソロが、まったくやむ気配が、ない(笑)

イメージ.jpg




posted by タク at 19:16| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の朗読イベントでは偶然にも同じ席になりましたね。本当にありがとうございました!楽しい時間を過ごせました。息子さん、ギターを始められたのですね!私も昨年の11月にクラリネットを始めたばかりなので、新しいことに挑戦したいという気持ちよくわかります。ただ、上達するまではけっこう大変なんですよね。私の場合、未だに音を出せなくて苦労している所がありますし。お互いさらなる上達を目指してがんばりたいものですね♪
Posted by 塩釜市のひかりん at 2012年07月06日 22:16
塩釜市のひかりんさん、今日は同じテーブルでお世話になりました。お会いできてよかったです。
息子のギター歴は小六スタートなので5年目です。
文字通りギター街道まっしぐらで、みていて気持ちがよいですね。
クラをはじめられたとのこと、楽しみながら進んでください。
Posted by タク at 2012年07月06日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。