2012年07月14日

川口個展作品制作終了

今日アップした絵は、来週からの川口個展に出品する一枚です。これで川口個展用の絵の制作は、無事終了。
あとは、プライスシート作りや、プロフィールパネル制作など、細かい仕込み。で、梱包発送だ♩
同時に山形個展(8月末)と藤崎個展(10月初旬)の制作ギアが3速へはいるという算段です。川口へ旅立つ17日前には(ということは、この連休ってことだ)山形個展のDMデザインを完成させねば、ちょっとアブナイ黄色信号点滅。。。

そんな明日、川口の個展会場でギャラリー対談の進行役をお引き受けくださった、まちづくりコーディネーター・木村裕美さん(川口在住)と仙台でお会いする事になりました。どんな縁になるか、今からとても楽しみです。
対談のタイトルは「東北風景 昨日 今日 明日」。(7/22・16:00〜17:00会場にて開催)
何を伝えたいか、あらためて自分と向き合ってみます。

+++++++++++++++++++++

9木霊1180.jpg
「木霊」
岩手の北上山地の山の中に、開拓村が点在する。
これは薮川地区を描いた絵。そこは冬になると凍てつく寒さとなる。過去には本州での最低気温を記録しているエリアだ。
ちなみに、私が幼少時代暮らしていた地でもある。

title[Echo]
It is dotted with an exploitation village in the mountain of the Kitakami mountain land in Iwate.
This is a picture drawing Yabukawa division.
becomes winter, it will serve as cold.
It is the area which is recording the lowest temperature in Honshu Japan on in the past.
Incidentally,I lived in yabukawa at the time of 2 to 3 years old.

絵のキャプションは友人からのアドバイスを受けて、翻訳ソフトで訳した(ってとこが情けないな)英語バージョンも載せてみました。(通じるかどうかの保証は、ないなあ....汗)

++++++++++++

川口市で震災復興支援企画展。「東北風景」展・開催のお知らせ

埼玉県川口銀座商店街様からお声がけいただき、透明水彩画による東北風景の個展をひらきます。商店街の運営する「燦ぎゃらりー」にての開催です。私も一週間会場入りいたします。川口では初めての個展です。お近くの方、ぜひ足をお運びください。
この個展会場ではチャリティ募金も受け付けます。また展示作品もチャリティプライスでの発表とし、売上げの一部は、義援金受付窓口「Save Sendai 311」を通して、復興支援団体、機関に寄付されます。

−燦ぎゃらりー・リニューアルオープン展−
震災復興支援企画 古山拓個展「東北風景」
■2012/7/18(水)−7/23(月)
■11:00〜18:00(最終日16:00終了)
◎会場・燦ぎゃらりー

埼玉県川口市栄町3-11-22
■主催/川口銀座商店街振興組合
■問合せ先/樹モール事務局・電話 048(256)0404
※入場無料

リニューアルオープンイベント・ギャラリートークライブ開催
「東北風景 昨日 今日 明日」
7/22(16:00〜17:00)
まちづくりコーディネーター木村裕美さんを司会に迎えての対談とミュージシャン谷介さんの音楽でお楽しみください。
20120701_DM002.jpg


posted by タク at 00:52| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。