2013年02月03日

自費出版画集「七ヶ浜小さな旅」取り扱い書店報告

画集【七ヶ浜小さな旅】
おかげ様で取り扱いしてくださる書店が、ふえました。

八文字屋書店・泉セルバ店さん
ヤマト屋書店・仙台三越店さん
金港堂・本店さん(広瀬川小さな旅も取り扱います)
紀伊國屋書店・仙台店さん

t

さらに増やしていきたいです。
取り扱いを快諾くださった書店さん、ありがとうございます!


以下、画集のご案内です

20130120181103_00001_2.jpg

自主制作で作った画集「七ヶ浜小さな旅-灯台のある町」の通信販売のお知らせです。
ご希望の方は、私までメールをお送りください。

本文に、七ヶ浜画集希望とお書きのうえ、
●希望冊数
●お名前(FB表記がアルファベットの方は漢字記載でお願いします)
●ご住所
●電話番号
をお知らせください。

私のEメールアドレスはこちらです。

lands-f@fc4.so-net.ne.jp

一冊@¥2100(税込)です。(送料は当方負担)
お支払いは同封します郵便振替用紙にて、到着後、お振り込みください。振替手数料のみ、すみませんがご負担ください。

本の体裁は、約188ミリ×188ミリの正方形、全ページカラー・28ページです。

また、「八文字屋書店泉セルバ店」でも、店長さんの尽力で、まもなく店頭で取り扱いしてもらえることになりました。
お近くの方はこちらでもお求めになれます。

以下、画集のご案内です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

思い返せば震災前の2008年がスケッチ初取材でした。

仙台の隣町、七ヶ浜町の港を絵と文で巡った画文集です。
出会った物事、人をおもむくままに描きとった、いわゆるロードムービー的画集でもあります。

名前は七ヶ浜を冠していますが、歌い上げたいのは、いわゆる七ヶ浜と灯台に「旋律」を求めた、「三陸讃歌」です。

この画集が、様々な方の手を通して、様々なカタチで三陸の震災復興の小さな力になるといいな、と思っています。

絵に携わる人間として、「復興に対して自分にできること」の答えの一つが、この画集を出すことでした。

ご注文を心からお待ちしています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20130120180738_00001_2.jpg

20130120180810_00001_2.jpg

20130120180844_00001_2.jpg

20130120180954_00001_2.jpg


posted by タク at 10:59| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 商品案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、千葉県で医者をしております石丸と申します。3・11以後、毎月車で支援活動のため岩手県を中心に東北を廻っています。特に山田町へは毎月必ず行くようにしております。 これまでの支援活動は順調に運びましたが、4年を経過し今後の活動について思案する毎日です。培ったご縁の人たちに会うのを楽しみに、答えを求めて旅を続けております。 古山さんの絵には写真で取りきれないものがあると思います。プレゼントも含めて2冊買わせていただきました
Posted by 石丸綾子 at 2015年04月20日 17:47
石丸綾子さま。はじめまして、古山です。このたびは嬉しいメールをありがとうございました。
旅は自分との対話ですね。旅の絵を描きながらいつもそう思います。メールを差し上げましたので、どうぞご確認ください。
Posted by タク at 2015年04月21日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。