2013年02月04日

七ヶ浜町営業

七ヶ浜町在住の友人の画家、高橋勉氏(二紀会)を頼り、画集「七ヶ浜小さな旅」を設置お願いしに行ってきました。彼は七ヶ浜町役場に勤務しています。公務忙しい中すべて一緒にまわってくれて、強力な縁を繋いでくれました。ありがとうございました。

◎七ヶ浜社会福祉協議会(ボランティアサポートセンターの中枢)
◎七ヶ浜国際村ギャラリーショップ「FROM BLUE」
◎民宿「とと家」
◎多賀城・七ヶ浜商工会
(敬称略)

以上で七ヶ浜画集を取り扱ってくださることになりました。

現段階で、他に画集が入手出来る場所は、以下です。

ファッションスタジオサム
ナチュラルヒーリング・ピア
◎八文字屋書店・泉セルバ店
◎ヤマト屋書店・仙台三越店
◎金港堂・一番町店(画集・広瀬川小さな旅も取り扱います)
◎紀伊國屋書店・仙台店

10もの店、施設が、協力してくださっています。
有り難いです。

雪の中、帰りに立ち寄ったのは、2008年から何度も通った、松が浜漁港。
ここが画集の最初のスタート地点だったので、ちょっとじんときたな〜。
雪舞う港は、日本人の心だよなあ〜〜♩

高橋勉氏と、あたたかくなったら二人で七ヶ浜スケッチしよう、と、約束。
これは、めちゃくちゃ楽しみです。

20130204DVC00091.jpg


以下、画集のご案内です

20130120181103_00001_2.jpg

自主制作で作った画集「七ヶ浜小さな旅-灯台のある町」の通信販売のお知らせです。
ご希望の方は、私までメールをお送りください。

本文に、七ヶ浜画集希望とお書きのうえ、
●希望冊数
●お名前
●ご住所
●電話番号
をお知らせください。

私のEメールアドレスはこちらです。

lands-f@fc4.so-net.ne.jp

一冊@¥2100(税込)です。(送料は当方負担)
お支払いは同封します郵便振替用紙にて、到着後、お振り込みください。振替手数料のみ、すみませんがご負担ください。

本の体裁は、約188ミリ×188ミリの正方形、全ページカラー・28ページです。


以下、発刊挨拶文です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

思い返せば震災前の2008年がスケッチ初取材でした。

仙台の隣町、七ヶ浜町の港を絵と文で巡った画文集です。
出会った物事、人をおもむくままに描きとった、いわゆるロードムービー的画集でもあります。

名前は七ヶ浜を冠していますが、歌い上げたいのは、いわゆる七ヶ浜と灯台に「旋律」を求めた、「三陸讃歌」です。

この画集が、様々な方の手を通して、様々なカタチで三陸の震災復興の小さな力になるといいな、と思っています。

絵に携わる人間として、「復興に対して自分にできること」の答えの一つが、この画集を出すことでした。

ご注文を心からお待ちしています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20130120180738_00001_2.jpg

20130120180810_00001_2.jpg

20130120180844_00001_2.jpg

20130120180954_00001_2.jpg


posted by タク at 22:05| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。