2013年03月13日

ありがとう

個展9日目終了です。
コドモを描いた作品が嫁ぎました。アニメーター出身の私にとって、このタッチは水彩の原点に近いものかもしれません。

小さな兄弟の絵は、「春が来た」

男の子の絵は、「ありがとう」
「ありがとう」の嫁ぎ先は、小学校の先生でした。
「新学期が始まったら、自分の教室に飾って、毎日子供たちを見守ってもらいます」

嫁ぎ先が、教室。
この絵にとって、子供たちの集まる教室ほどうれしい居場所はない。
ありがとう。

201303132春が来た.jpg

201303136ありがとう.jpg


posted by タク at 21:11| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の絵が、一番うれしい場所に嫁いで行ってよかったですね。多くの子供たちの目に触れて、幸せもんの絵ですね。
三月の個展、震災がらみの特別な思いがあります。走り続けてくれてありがとうございます。
Posted by こみや at 2013年03月14日 16:31
こみやさん、絵にはいろいろな役割がありますね。
絵描きも一緒。
自分には何ができるんだろう。あの日以来、より考えるようになりました。
Posted by タク at 2013年03月14日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。