2013年03月27日

浜松旅日記+地の果て書房営業日記

20130327IMG_1999.jpg

土日と、息子が所属している泉館山高校吹奏楽部が、浜松で開催された全国高等学校選抜大会に出場、私も妻と浜松に行ってきました。
金曜深夜にクルマで仙台出発、首都高を渋滞前の早朝に通過、三保の松原でひとやすみ。なんだか浮世絵でした。その後、また高速に乗り、10時から浜松駅前で開催された屋外エキシビジョンにすべりこみで間に合いました。

20130327IMG_2007.jpg

翌日日曜はじまった大会には全国から16校が選抜、その演奏を競いましたが、どこもさすがにトップクラス。すばらしい!(会場もすごくてびっくりだったけど)
泉館山はヤマハ賞を受賞しました。よかったね!
20130327IMG_2020.jpg

浜松に二泊して帰りは月曜。
前に仕事の取材で訪れた長野の松本を妻に見せたくて、ちょっと北上。一時間ほどの松本滞在でしたが、妻も満足。仙台に帰って月曜夜の9時半でした。走行距離、のべ1400キロの旅でした。

ところで、今回のドライビングは、あたらしい相棒になったクルマ、2008年式のプジョー307・フェリーヌSの試走を兼ねていました。で、この相棒、高速でめちゃくちゃ元気がいい!高速百ウンキロからが楽しいフィーリング〜〜。おとなしい顔してますが、じゃじゃ馬娘ですね。
燃費は1400キロ走って、リッター12キロ。
仙台マチナカでは、リッター6を切っていたので(イマドキマジカヨ…泣)、ちょっとだけほっとしました。2000ccだからこんなもんなのかなあ。(燃費いいクルマに、なぜかわたしはあたったためしがない)
ようは、信号がある町用に作られていないんだな、きっと、彼女は。(前のっていたランカスターはマチガイナクいかついケルトの野郎っこでしたが、こいつはケルトのオナゴです。あえてラテンとは呼ばせない♩ なんてったって、フランスはガリアの地ですから=笑)

しかし、このクルマはシートがすばらしい。革張りで両サイドが体を包み込む形状になっていますが、これがまったく疲れを感じさせない。
さすがは、椅子文化の国の車だ、と感心しました。


今日は、画集七ヶ浜小さな旅のフォロー営業で、七ヶ浜町へ。
国際村や町役場、仮設の見回りNPO等をまわってきました。
その後、追加注文をいただいた泉中央セルバの八文字屋書店さんへ納品。
「地の果て書房」の設置先営業の一日でした。


posted by タク at 22:06| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プジョー307ですか、いい車を入手しましたね。プジョーは耐久性なら日本車より上の印象がありますね。長く乗れる車だと思います。ただ、定期的なメンテナンスは必要でしょうね。西欧とりわけフランスは石畳の道が多いので、その道を走る車の乗り心地が鍛えられているのは必然でしょうね。私はシートがヤワで悪名高いホンダ車の愛好者なので、出来のいいシートには憧れています。なにせ、腰にきますからねェ。
Posted by ヌマンタ at 2013年03月30日 00:10
ヌマンタさん、うれしいコメントをありがとうございました。
クルマ屋さんで座席に座った瞬間、一目惚れで契約してしまったので、はたしてプジョーがどんなクルマなのか、ドキドキハラハラでした。
はじめての外国のクルマなので、仕様もなるほどなあ、とうなずく部分が多いです。
たとえば、サングラスホルダー常備とか、エアコン調節のつまみが運転席と助手席が独立しているとか、、、。お国柄を表しているようで面白いです。
Posted by タク at 2013年03月30日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。