2013年10月02日

旅衣 ひとへに我を 護りたまへ

十月です。
誕生月ともあってか、一年で一番好きな月です。

好きなファンタジー作家にレイ・ブラッドベリがいます。彼の本には、文中10月がよくでてきまして、タイトルにも使われています。「十月の旅人」なんて短編集もありました。

そんな十月、勝手に自分にとって最強の月と思い込んでますが、その月に個展のクライマックスがかぶさりました。

「旅衣 ひとへに我を 護りたまへ」

これは、子規の句のなかでも、もっとも好きな句。
120年前に、彼の東北旅の最中、仙台のちょっと南の岩沼で詠んだものです。

わたしは、この「旅衣」という言葉が、旅人をとりまくあらゆる人、物、自然、えにしに思えてなりません。

「子規のみちのく」展も残すところ1日。この句とともに、とりまくあらゆるえにしと森羅万象に感謝で会場入り、です。

絵は、ギャラリー入って真正面にかけられている、「回廊の響き」10号変形サイズ。
イタリアのルッカに取材した絵です。

本日最終日、旅衣 ひとへに我を 護りたまへ

rucca.jpg



posted by タク at 08:52| 宮城 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は藤崎個展で大変お世話になりました。個展の案内まで送って頂いて本当にありがとうございました。今回の作品で中でも塩竈神社は私のお気に入りです。地元なだけに親近感が湧いてきましたね〜。あと、イギリスやイタリアの作品では花を描かれてましたね。自分はどんな花なのかを一瞬想像してしまいました。次回な個展も楽しみにしていますね。
Posted by 塩釜市のひかりん at 2013年10月02日 13:10
ごめんなさい、藤崎に行けません。
お仕事なんです。
・・・仙台文学館で見せていただいておりましたが。

ところで、古山さま!
movix利府に、ヘップバーンの「パリの恋人」がやってまいります。
大きなスクリーンで、アステアの華麗なステップが見られますね〜♪
Posted by 冬林檎 at 2013年10月02日 13:26
塩釜市のひかりんさん、個展ご来場、ありがとうございました。
次は来週月曜から仙台市内の「ギャラリー専」で、チャリティ展があります。チャリティ特価でラインナップしますので、覗いてみてくださいね。
Posted by タク at 2013年10月03日 20:52
冬林檎さん、コメントをありがとうございます。
アステアのステップの話題をくださる冬林檎さん、どなたかな???と想像を巡らしております(笑)
Posted by タク at 2013年10月03日 20:55
窓拭きにひとつ抛りし冬林檎〜な、アタシです。
Posted by 冬林檎 at 2013年10月06日 19:19
ナゾが解けました!
Posted by タク at 2013年10月12日 06:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。