2013年11月01日

情けない朝

40年来の友、Yのお父様が亡くなられた。
盛岡在住のYとは、小学生の頃から、夏休みにはお互いの家に泊まりがけでいったりきたりの仲だ。お互いの結婚式では友人代表スピーチをしあっている。
そのお父様は、私が絵描きとなり盛岡で個展を開くたび、会場へ来訪。「たっくん、大変だべけんとも、がんばれ」と自分の息子のように、いろいろなかたちで支えてくれていた。

絵、歴史、生き方と、今の自分の核は、間違いなくYとの交友で形づくられたものだ。そんなYは、亡くなったお父様が居なければ存在し得なかった。

葬儀は、明日。はずせない仕事と重なり、盛岡行きは涙をのむことになった。一人自営をこれほど情けないと思ったことはない。
あらためてご焼香に伺う事を彼に電話で約束した。
合掌。

絵は「旅立ちの朝」。
何度かFBにアップしていますが、今朝はこの絵の気持ち。
ロンドン近郊のスラウという町を描いたものでした。

20131101tabidachinoasa.jpg



posted by タク at 11:02| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。