2013年12月27日

子規と歩いた一年

当アトリエも明日が実質仕事納めです。
昨日今日と、挨拶回りや銀行まわり、納品、来年の仕事へ向けての打ち合わせで、それなりに慌ただしい年末でした。

開催した水彩画個展、二人展、展覧会は、都合12回。自費出版した本、2冊。やり過ぎ云々言われますが、描くことを仕事にするって、人それぞれのスタンスがあります。
私の選んだ仕事の仕切り方では、これが最良の道だったと思っています。なんと言われようと、自分が選んでやったことは、ベストだと信じなければ前に進めない。

しかし、今年一年ほどからだを痛めつけた年は、なかったです。
夏の終わりに、腰椎圧迫骨折をやってしまいました。その影響が左腕に発症。明日は、そんなカラダをいたわるためかかりつけの鍼灸先生に最後の治療です。
ちなみに整形外科の医者選びは慎重が吉。決して近い、というだけで選んではいけません。今回それも痛感しました。

今日は、自費出版本「子規と歩いた宮城」の、印刷会社に預かっていたもらっていた在庫がすべてアトリエに納品されました。
思い返せば、昨年12月に「水彩画と文で、子規と宮城の本を作る!」と決め、編纂&自費出版、春に仙台文学館での正岡子規展参画、秋の子規の東北個展、そして来年版のカレンダーを「子規のみちのく」で商品化。
ほんとうに子規とがっぷりよっつの一年でした。はたして子規はよろこんでくれただろうか…。

年明け、受注した水彩イラストの取材で四国を訪れます。
また子規の松山に立ち寄りたいなあ。
子規と水彩と私の旅ははじまったばかりなんだろうな、きっと。
そのためにもカラダ、治そ♩

++++通信販売のお知らせ++++
2014年カレンダー『子規のみちのく』通信販売のお知らせ
『子規のみちのく』カレンダー(価格¥1,050(税込)の在庫がわずかですがございます。
20131107calendar.jpg
正岡子規が120年前に旅した東北のルートを辿り、水彩画で描いた風景作品の中から、12枚をえらびました。
ご希望の方は、
件名に「2014カレンダー希望」とお書きのうえ、Eメールにてご注文ください。
本文には、1.おなまえ・2.ご住所・3.希望部数をお知らせください。
●送料は当方で負担いたします。
●お支払い方法は、郵便振替か、銀行口座振り込みでお願いしています。
カレンダーに同封いたします郵便振り替え用紙か銀行口座番号あてに、後日お振り込みください。
(メールアドレスは lands-f@fc4.so-net.ne.jp です)

画文集「子規と歩いた宮城」価格2415円(税込・94ページカラー)も、あわせてご注文いただけるとうれしいです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

20131227子規表紙1.jpg

20131227子規笠島1.jpg

20131227子規コラム.jpg

20131227子規作並.jpg






posted by タク at 19:57| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 商品案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は私も、タクさん同様に健康面では散々でした。産れ出でて半世紀、もう無理は効きませんね。とはいえ身体が資本、お互い労りながら頑張りましょう。
Posted by ヌマンタ at 2013年12月30日 12:20
ヌマンタさん、今年もお会いできて嬉しかったです。ほんとうに無理が利かなくなってきました。まだまだいけると気持ちは思っていても、カラダは素直です。来年もお互い生き抜くことが肝心かと。2014もどうぞ宜しくお願いいたします。良い年越しを!
Posted by タク at 2013年12月30日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。