2014年01月08日

2月の水彩画個展

20140108寄り添うということ.jpg
2月18日から、水彩画展を仙台晩翠画廊で開きます。
タイトルは「あたたかな部屋」

昨年12月から制作が進行中で、今日、デザイナー氏と電話でDMのことを打ち合わせました。

震災から以降、ドタバタが尾をひき、デザインも自分でやっていました。が、やはり餅は餅屋。イラストレーターはデザイナーにはなれません。家具作家の桑原さんとの二人展DMに続いて今回もデザイナーT氏にお願いしました
その分、自分の絵をきっちり描けるというものだ(笑)。

トップの水彩画は、DMに使うものです。タイトルは「寄り添うということ」
山形の飯豊に取材した雪景色です。東北の雪景色は、何度描いても描き足りないってことがない。
雪景色を水彩で描く場合、紙の白地との戦いで、これがまた楽しかったりしますね。

そして今回も、震災復興支援個展から続いているギャラリーリーディングライブを開催することになりました。
メンバーはいつもお願いしているフリーアナウンサー黒田弘子さんと、ギタリストの那須尚平さん
今回のテーマ「あたたかな部屋」をキーワードに、それぞれイメージをふくらませてくれるはず。
朗読ライブは2/21金曜夜18:30からです。
会費2000円、定員25名。要予約です。
予約は晩翠画廊で電話(022-713-6230)で受け付けています。

まずは、第一報でした。


posted by タク at 22:44| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2月の晩翠画廊さんでの個展の情報、ありがとうございます。今年も黒田さんの朗読イベント、ぜひ2名で参加しますね〜。今年はこれまでの震災復興とは異なった温かい作品に出会えること間違いなしですね。それでは、急にまた寒くなってきたので、体調に気をつけてお仕事頑張って下さいね。
Posted by 塩釜市のひかりん at 2014年01月10日 14:04
塩釜市のひかりんさん、朗読ライブへのご予約、感謝です。
冬の風景が多い個展になりますが、温かい気持ちで帰ってもらえるようがんばります。
Posted by タク at 2014年01月10日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。