2014年02月19日

コメント寄せられました

個展二日目でした。

晩翠画廊のサイトで、コメントが寄せられました。
以下、サイトから抜粋です。かなり気恥ずかしくもありますが、、、

+++++

久しぶりに古山先生にお会いしました。
柔らかなで優しさにあふれた雰囲気が変わらずにそこにあり、今回も何とも言えない穏やかな気持ちにさせてもらえました。
晩翠画廊に展示された作品を拝見して驚いてしまったんですが、どの作品も自分がその絵画の中にいる感じがして、というより目の前に広がる風景がそのまま絵となって切り取られているようでした。
ジーと眺めていると心がほんわりと温かくなってくるんです。どことなく懐かしく、どことなく優しく、それでいて行ったことがあるような気になってしまい、人懐かしく思えてくるんです。
忙しく過ぎていく毎日、そんな生活を送っている人達に向けてのメッセージかもしれませんね。『少しの時間でも心を休めて明日への元気を充電してください』と言っているかのようです。
思うのですが、先生の絵を是非みんなが集まる部屋に飾ってみてはどうでしょうか。そのスペースは、知らないうちに暖かな部屋になっていると思います。
コメント(Mt.suzuki)

++++

寒い日々が続きますが、明日もお待ちしています。


posted by タク at 22:12| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。