2014年05月08日

盛岡個展終了

無事、カワトクでの水彩画展が終わりました。

今回もいろいろと今後の制作の勉強になった。展示して見てもらう段階にいたって、ようやく理解するいろんなこともあります。
それだけでもやった甲斐はあったかな。

最終日閉館直前、十数年、ケルトと東北という隠れテーマでやってきてよかった、と、実感する締めくくりがありました。
描くこと吐き出すことと同じくらい、考えること、吸収することは大事なんだね。

2012年の銀座個展で発表した「東北とケルト」テーマの絵、「ブルターニュの農家」を今回もとめてくださったのは、偶然通りかかったお客さんSさんでした。

Sさんとの会話のなかに、今後の制作へのカギの言葉をみつけることができたのは財産でした。もちろんSさんはカギを渡したとは思っていないと思います。有り難いことです。

20140508IMG_2263.jpg

今日は、スローな日にしてくれ的個展あけての一日でした。




posted by タク at 23:13| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。