2014年05月22日

つがるたび

B5フライヤ200.jpg

プロは、やっぱりプロだ。

青森弘前での2人展のフライヤーデザインを、旧知のデザイナー塚原氏に発注。
津軽の文化土壌、印象のみを伝え、サムネールもオーダーも一切なし。

伝えた言葉はひとこと「自由に遊んでください」

縦長の書・一点と、これまた横長の水彩画が一点という、どうすんだよ的構成要素にもかかわらず、すばらしいデザインがあがってきました。

コラボするお相手は、弘前出身盛岡在住の書家・伊藤康子さん。
書と水彩画で、それぞれの津軽を表現します。

7月10日〜15日に津軽弘前・田中屋画廊で開催です。
まだちょっと先ですが、ご案内でした。




posted by タク at 10:26| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。