2014年07月23日

ミゲル君の唄う村

mo_夏時間.jpg

「消臭力」のTVCMみてて、家族皆で、「あれ、ここ、懐かしい!!??」
メーカーのサイトで調べたら、ミゲル君たちが唄っていた町は、以前旅したポルトガルのアレンテージョ地方・モンサラーシュでした。
ちなみに古山家ポルトガル放浪=一応私のスケッチ取材旅=で辿り着いた、思い出五つ星の村。
肌で知った、旅先の空気感って、そうそう忘れないものです。
街角が映っただけで、ほぼビンゴって、旅好きのひとなら同じでしょう、たぶん。

ちなみにアレンテージョはワインの名産地。でも国内消費がほとんどで輸出はあまりしていないとのこと。
宿のオーナーがお土産にくれたワインは、美味しかったな。

しかし、気になります。
広告作るにあたって、プランナーはなぜ数ある村々の中から「モンサラーシュ」を選んだのだろう?
趣旨意味付けを聞いてみたいところではあります。

広告畑に片足つっこんで生きていると、そんな些末なことが気になってしょうがない。

水彩画は、モンサラーシュを描いた「夏時間」です。


posted by タク at 17:28| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。