2014年08月17日

過去のジブンとご対面

BvO11g6CMAE-N9i.jpg

制作のラッシュが続いてるけど、仕事場のカオスに堪え兼ねて、本日仕事場の片付け断捨離。(まあ、若干ですが)
隅っこから最古(笑)のクロッキーブックが出現。
その中にこっそり挟まるように、アニメーター原画マン時代の原画習作が出てきた。
今から25年以上前の作。たぶん、24.5歳のころのもの。
当時は月月火水木金金で、泊まり込みも多々という労働環境にあってか、仕事の残滓をアーカイブしておくなんて気持ちはさらっさらなかった。なので、手がけた原画は、書き損じの1枚たりとも手元に残っていないと思っていた。

しっかし、あらためて四半世紀を経て対面したこの絵には、まったく立体感ってものがないよ(泣)

でも、スクラップしてあったということは、当時の自分の自信のアラワレなのだろう。
「若い」ということは「怖いもの知らず、自分がイチバン!」ということだね。

それでもだ、魑魅魍魎うずまく絵の世界において、怖いもの知らずだったから、なんとかやって来れたのか、とも思う。
その時からまた四半世紀。重ねるものを重ねてしまった今だからこそ、当時の「怖いもの知らず」が大切だな、とあらためて思った。

この1枚には、しみじみといろんなことを考えさせられました。
ありがとう、「原画習作」。そして過去のジブン(笑)


posted by タク at 19:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。