2014年09月03日

お風呂

山形個展が終わりました。
あけて今日は、昼間こそオニのように仕事をしていたけど、6時で強制終了、仙台の郊外にある温泉風呂に一風呂浴びに行ってきた。のんびり湯につかって、ちとぜいたくに30分ほどマッサージ何ぞをたのみ、最後は併設の食堂で晩ご飯。極楽とはこのことなり。
岩手、弘前から京都、山形と「旅ガラス巡業寅さん」の日々も今年は山形で終わりです。今週は気を抜こう。

そうそう、お風呂と言えば、ついに我が家のお風呂のリフォームが始まります。
築三十年の我が家の風呂は、震災でタイルにがっつりひび割れ、換気扇大破、、、とかなりのダメージを食らっていました。だましだまし使っていたけど、ついに限界、、、で、リフォーム。
震災のときに家の損壊診断に来た市の担当者が、ばしばし割れた壁面を見て「今はタイルの職人さんがほとんどいなくなっちゃったですからねえ、、、次はシステムバスがいいと思いますよ。」

で、このたび我が家もついに?システムバスと相成ります。

螺鈿の細かいタイルにケロリンの洗面器が理想だったのになあ(笑)




posted by タク at 22:21| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古山先生、昨日はお忙しい中本当に有り難うございました。文章では表現しきれないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。さて、話は変わりますが、ケロリン桶は今はわりと高級な商品となってるんですよ。5月に某黄色い看板の雑貨屋さんに行ったら、だいたい5百円で売っていました…。しかも、実際に手に持ってみたら、ずっしりと重みがありました…。世の中でなんでも変わっていくものだなと思いました。
Posted by 石巻市ののびねこ at 2014年09月05日 14:25
石巻市ののびねこさん、このたびはおめでとうございます。今日がいよいよですね。ケロリンの風呂桶、そうそうけっこうがっしりしているんですよね。あのしっかり具合で500円は安いかも!
Posted by タク at 2014年09月06日 08:20
タイル貼りの職人の人件費を嫌った建築会社は、タイル貼りを必要としない建材を開発、販売しており、こちらを優先する傾向が強く、結果タイル職人は激減です。
一部、高級注文住宅では需要があるようですが、職人の高齢化が進み、しかも後継者なし。おかげでますますタイル貼りは減っているのが実情なんですよ。
Posted by ヌマンタ at 2014年09月13日 15:34
ヌマンタさん、そんな裏事情があったとはしらなかったです。
以前震災前に気仙沼の古い商用宿に泊まった時、そのお風呂のタイルの美しさと繊細さにびっくりしました。それが憧れでもあったのですが。。。
Posted by タク at 2014年09月13日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。