2015年01月17日

好奇心インジケーター

1月9日のアルティオ開店から一週間が過ぎました。
自宅二階の本拠地ランズエンドと、マチナカのアルティオをいったりきたり。時間はかぎられてる。てなわけで、やらなくていいことは、ええい!と、ばっさり削ってます。
それが一週間の一番大きな収穫かも(笑)

この9日間、非常に長かった。どんどん時間が短く感じられる昨今、この長さはなんだったのか?
子供の時代、時間が長く感じられるのは、好奇心に寄るものだといいいますが、多分にそれとおなじではなかったか?
自営フリーランスでやってきて22年になるけれど、いわゆる「お客さんがドアをあける店舗スタイル」は初めてのこと。ほとんど子供と同じ好奇心インジケーターが全開なのではないかと思います。

接客はほとんど妻にまかせているけど、お客さんが来ない時間の重さ、小さなものでも買ってもらえることのうれしさ。企画を考えるアンテナの感度。イラストレーション、絵の制作時間の割り振り。毎日これすべて今までとは違った時間が過ぎています。

好奇心インジケーター、しばらくは振り切れモードで進むんだろうな。

写真.JPG

IMG_4570.JPG

写真は、、在仙の人形作家さんが作ってくれたタク人形。そして今日、大阪の友人から送られてきた福笹。
どちらも商売繁盛の縁起物として毎日拝むことにしました。

しかしだ、店舗の仕込み準備期間中、実〜〜〜に静かだったイラスト発注が、アルティオオープンと同時に連続で発注入るって、いったいどういうこと?もちろん引き受けましたとも。

う〜ん、目に見えないどこかでだれかが采配を振るっているかのようで、こわいくらいだ。


posted by タク at 23:43| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。