2007年05月14日

マルタへ-私の地中海世界-

rogoon0.jpg


明日夕方から一週間、地中海はマルタ島にいってきます。スケッチツアーの同行企画です。

そのむかしサラセンとヨーロッパの最前線にもなった、歴史上曰く付きの小島です。因みに場所的にはイタリアの下。地中海のど真ん中というかんじ。淡路島よりも小振りな島ですが、れっきとした共和国です。

学生時代、専攻が一応(笑)ヨーロッパ古代史でした。ゼミはギリシャ古代史。ヨーロッパ古代史の世界では、ギリシャ古代や古代ローマなどの時代をひっくるめて、「地中海世界」とも称します。

私の中で、「地中海」という響きは、イコール、ヨーロッパの古代史的なニュアンスがあります。結構地中海というと、「エーゲ海に○ぐ」のイメージが強いせいか?、透明な海、すきとおった潮風、なんてイメージが大方の印象でしょう。

でも、私にとっては、ちょっと違います。エーゲ海に代表される美しい海というよりも、人間が戦いに血を流し、国家同士の権謀術作が繰り広げられた舞台、そう、もっと泥臭いイメージです。

いままで見た地中海は、ベネツィアのラグーンと、バルセロナの港、スペイン東岸を走る列車の車窓から見た地中海のみ。今ひとつ自分のこころの中の地中海とは違っていました。正直、いまだに地中海を見たという感がありません。

ある意味、西と東がぶつかり合う舞台となった小島マルタ。美しさだけではなく、歴史の深みを持った人間くささがこの島からは匂います。今回のマルタ島行きが、私の中の地中海感にどんな印象を投げかけてくれるか、とても楽しみです。

そんなわけで、いまだにモバイルできない私ゆえ(笑)、明日から22日まで、ブログをお休みします。

今日の一枚は、ベネツイアはブーラノ島で見かけた漁船でした。マルタの漁村も楽しみです。

あ、そうそう!!私が絵を手がけた絵本が出版されました。
「ツキを呼ぶ魔法の言葉-魔法使いのプレゼント」原話・五日市剛さん、文・ほしのひかりさん、絵・古山拓で、版元はマキノ出版さん。定価税込¥1,000。全国書店にて発売中です。
水彩とは一味も二味もちがった私の絵となってます。よろしかったら本屋さんでぱらぱらめくってみてください。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日もお読みいただき、ありがとうございます。もしよかったら、ランキングクリックをどうぞ。

 ビジネスブログ100選 


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


■ ■ ■

flowerroad.jpg

いつも当ブログをご訪問、ありがとうございます。
当アトリエでは、ウエッブサイトのギャラリーページの絵の制作注文、
水彩画の新規描き下ろしの注文を随時承っています。
お陰様で、ご自宅用、新築祝いや新規開業時の壁面展示等、個人様から法人様まで、
御注文いただいております。
サイズ、納期、制作料などのお問い合わせは、
以下のメールアドレスへメールにてお気軽にどうぞ。
御注文、心よりお待ちしております。
lands-f@fc4.so-net.ne.jp

ホームページトップ下部からもメールでお問い合わせができます。

当アトリエ・ウエッブギャラリーサイト入り口はこちらへどうぞ。
http://www.termnet.co.jp/furuyama/


kuzumaki.jpg


■ ■ ■


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


■アートなこだわりグッズ.by-MoMA■

■旅ゴコロくすぐりサイトはこちら--■







+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





posted by タク at 19:12| 宮城 | Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうとう出発ですね〜
がっちり作品ネタを仕入れて来て下さい!
土産話を楽しみに!!
いってらっしゃ〜い
Posted by 健さん一筋 at 2007年05月14日 23:54
十字軍で活躍したマルタ騎士団の末裔と、明治時代に世界一周旅行中の原敬との関係を描いた小説を読みました。
マルタ島には宗教と民族の対立の交差点というイメージもあります。

タクさんが新たなるインスピレーションを得ての作品、楽しみにしています。
Posted by セバスチャン at 2007年05月15日 06:53
いってらっしゃい。お気をつけて!
たくさんのおみやげ話まってます♪

お帰りまでに本もゲットしておきますね(笑)。
Posted by ほっしい* at 2007年05月15日 07:45
健さん一筋さん、作品ネタならぬ、定例会ネタだけにならないよう、しっかりシゴトしてきますので、オタノシミニ!私と地中海って、今ひとつ結びつかないでしょ(笑)。

セバスチャンさん、原敬がマルタにですか?盛岡の私の実家スグ近所が原敬記念館=原敬の居宅=です。ますます興味津々です。

ほっしい*さん、出発前にすでにイレギュラー発生の連絡が旅行代理店から入りました。旅ってこうでなくっちゃ!と、にやっとした私です。想定外のない旅なんて、旅じゃありません♪

というわけで、もう一つシゴト片付けたら、いよいよ出発です!因みに今回の旅の友の文庫本は、イザベラバードの「日本奥地紀行」。マルタで読む、イザベラバードの東北紀行は一味違ったモノになりそうです。こちらの感想も帰国後にでも。
Posted by タク at 2007年05月15日 11:21
正直、羨ましい〜です。地中海は今だ行ったことありません。食事美味しそうですしね。

地中海は、実は海賊の海(今は違います)でもありますから、海賊史を辿ると、なかなかに興味深いところでもあります。

素敵な絵が描けるといいですね。
Posted by ヌマンタ at 2007年05月16日 17:52
初めまして (=^・^=)

「ツキを呼ぶ魔法の言葉-魔法使いのプレゼント」昨日 買って 読ませて頂きました。

すっごぉ〜く感動して、お礼をお伝えしたくて HPにアクセスさせていただきました。

五日市さんとは、mixiや講演会を通じてご縁戴きました。

五日市さんから、『ツキを呼ぶ魔法の言葉」の絵本が出る』と伺って、
「どんな絵本だろう〜?」と楽しみにしていました。

一目見て 「凄い!」と思いました。

私が勝手に描いてた 絵本と全く違ったイラストと雰囲気で、意表を付かれたようで・・

でも 読み進むにしたがって、すっごく 染みてきました。

最後の方の「ありがとう 感謝します」の言葉は、本当にダイアモンドが輝いてるようですね。

本当に 素敵な絵を ありがとうございました!

発売一日で重版がきまったそうです。

本当に多くの人の広がることと思います。

本当に ありがとうございました!!

長々とすみません。

マルタ島 きっとステキでしょうね

これからも 絵を楽しみにしています (=^・^=)


Posted by momolove at 2007年05月17日 16:20
行く直前、バタバタとお仕事を入れてしまいスミマセン!マルタでのお土産話、楽しみにしていま〜す★
Posted by mari at 2007年05月20日 21:50
ヌマンタさん、返事がそんなわけで遅くなりました(笑)。
マルタの漁村はあきらかに古代ギリシャローマの流れをくんでいる漁船でいっぱいでした。あちこちにある天然の良港は海賊にとっても絶好の隠れ家のような気がしましたよ。
料理はアフリカの影響も受けているようで、イタリアともまた違ったかんじでした。安い揚げパンなんか、ぎっしりツナがつまってて、美味しかったです。

momoloveさん、はじめまして。五日市さんと縁のある方なんですね。さっそく、絵本への感想をありがとうございました。
全力を出しきったシゴトでしたので嬉しいメッセージでした。これからも遊びにいらしてください。
いずれ、個展終了後マルタの絵はホームページで公開したいと思います。

mariさん、出発直前の楽しい、というか、どぎまぎもののオシゴト、ありがとうございました。
刷り上がりを楽しみにしてます。できあがったら連絡ください。土産話たんまりもって参上します(笑)。
Posted by タク at 2007年05月22日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。